Home > Blog > Category : CAMERA

Blog

EOS 5D Mark IV用互換バッテリー

EOS 5D Mark IV用互換バッテリー

バッテリーパック RAVPower LP-E6 LP-E6N 互換バッテリー 2個 + 充電器 セット ( 大容量 2000mAh USB 急速充電 ) EOS 5D Mark IV

Amazonに売ってるやつ。

5Dにはバッテリーグリップをつけてるので2つ同時に充電できる充電器があったらいいなーと思ってたらお薦めにでてきたのでタイムセールのタイミングで購入。

いや~便利。
1Dは互換バッテリーが使えないから純正を仕方なく買うけど、5D系は互換品しか買ったことがない。
当たりハズレはあるけど、そんなのは当たり前。
2,500円ぐらいでバッテリー2つと、同時に充電できる充電器が買えるとかすごい。
RAVPowerは評判の良い車用のジャンパーを購入したメーカーで良いものを作ってくれるのでお気に入り。

充電器のLEDが緑か赤のみで充電の進捗がわからないのが純正に劣る部分だけど、まぁ許容範囲。

購入したばかりの互換バッテリーは、放電-充電を数回繰り返す儀式を行うとフルパワーになるけど、これはそんな必要が無いぐらい安定してる感じ。
アマゾンのレビューには不良バッテリーに当たった人がいるみたいだけど、けっこーお薦め。

物が良すぎるので2つ目を購入してしまって、現在LP-E6(互換含む)が10個になってしまった。

EOS-1DX MarkⅡのマルチコントローラーが壊れた

EOS-1DX MarkⅡのマルチコントローラーが壊れた

縦位置のマルチコントローラーが、もう何ヶ月も前から反応が悪くてだましだまし使ってた感じなんだけど、前回の撮影で騙しながらも使えないぐらいになったので修理に出した。

Canonのサービスセンターが福岡から撤退したので、どのような方法で修理に出すか悩んだ
1、Canonの引取サービスを使う 1,680円?
2、購入店に出す
3、下請け修理の店に出す

早く修理して戻ってきてほしかったので、3を選択して店まで持っていったんだけどEOS-1系はメーカーでしか修理できないとの事で、持ち込んだ店舗からCanonに送られてしまった。
それなら引取サービスの方が良かったかもしれない。

修理が完了したら結果報告を書きます。
予想修理費 約3万円

追記
見積連絡 46,500円

追記2
AFユニット不良が発覚 見積連絡 計90,000円+α

EF70-200mm F4L IS USM

EF70-200mm F4L IS USM

EF70-200mm F4L IS USM

定番70-200F4レンズ

EF24-105mm F4L IS Ⅱ USMを買ったのは良いけど1年で2~3回しか使わなくて、眠らせておいても仕方ないので下取りに出して使う可能性がある70-200F4に替えてきた。

最近70-200F2.8LⅡの調子が悪く右側が片ボケするなーと思ってて、修理に出したらマウントが歪んでたらしい。
そりゃー片ボケもするね。
で、ISも不審だったのでついでにユニット交換してもらって修理代約3万円也。

比較サイトだと70-200はF2.8Ⅱを一段絞ってF4にしたより、F4LISの開放のほうが解像力がある感じだけど、実際に買って使ってみたらF4LISの開放は少し芯がない感じ。
やっぱりF2.8の方が良いけど、F4の軽さも捨てがたい。
最近は24-70もF2.8ではなくF4LISをよく使ってる。

GODOX X1T Cでグループ表示を固定

  • Apr 16, 2017
  • Category : CAMERA

GODOX X1T Cでグループ表示を固定

X1T Cはダイヤルでグループが動くけど、固定してGRボタンで選択する方が使いやすい。
CH/OKボタンをダブルプッシュで2度目を長押し。
たぶん、マニュアルには載ってない。

しばらくXT32が気に入って使ってたけど軽い衝撃で折れることが多いのでX1Tに戻してみた。

再修理に出してたEF24-70F2.8LⅡが帰ってきた。

再修理に出してたEF24-70F2.8LⅡが帰ってきた。

いつもの斜め壁撮影テストでほぼ完璧にピントが合うようになった。

サードパーティ製の24-70F2.8で画質が良かったり、手ぶれ補正がついてたりするレンズが有る事は知ってる。
それでも純正にこだわる。
Tamronはリングの回転方向が逆だけど、そんなのは個人的にはどうでも良い。

CONTAXのカールツアイスレンズを持ってるぐらいマニアックなレンズも好きだけど、純正にこだわるのは平均点数が高いから。
サードパーティのレンズがいい条件を全て整えて最高150点を取れても平均が50点だったら自分の仕事では使えない。
最高が100点でも平均80点取れるレンズが仕事では良いレンズ。

SigmaもTamronもTokinaもその他も色々使ってきて、去年もSigmaの24-105を使ってみて最終的な結論が純正におちつく。
評判の悪いEF24-105のⅡ型でさえ評判の良いSigmaの24-105より総合点は高い。

婚礼だと1200枚撮って1000枚納品。
前撮りだと衣装1点で120枚撮って100枚納品。
こういう仕事だと、やはり純正が良い。
サードパーティ製のレンズでも使いこなしによって平均80点を出せる人も居るかもしれないけど自分には出来ない。

EF50mmF1.4USMは凄く良い。
単焦点を今から始める人には是非最初に使って欲しい。
最近の傾向である開放から解像するようなレンズではないけど、絞るに連れて収差が減っていきF2.5ぐらいから柔らかくもあり繊細な写りをする。
F2.8になると柔らかさが薄れて精鋭な写りになっていく。
作られた良い写りではなく、クセのない純粋なプラナーの描写が体感できる。
絞りにたいする写りの変化もよく理解できる。
50mm単焦点が得意な画角でないので使う機会は殆どないけど、こんな良いレンズを他に知らない。

Page Navigation

Utility

Calendar

2018.02
S M T W S F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

About

偏見だけの役に立たないブログ。

Search

エントリー検索フォーム
Keyword

Link

鯛カブラの神様
釣りのまにまに

Recent Image

User