Home > Blog > Category : EOS-1D X mark Ⅱ

Blog

EOS-1DX MarkⅡのマルチコントローラーとミラーボックスの修理代高いよ

EOS-1DX MarkⅡのマルチコントローラーとミラーボックスの修理代高いよ

EOS-1DX MarkⅡのマルチコントローラーが壊れた

の修理から約二週間。
その間1DX2と5D4の2台で凌いだ。

マルチコントローラーの修理はリアカバーユニットごとの交換という情報を得てたけどそのままその通りだった。
修理途中でミラーユニットの不具合も見つかったと連絡があって追加修理。

技術料 37,000円
部品代 55,400円
消費税 7,392円
合計 99,792円

マルチコントローラーが壊れなかったらきっとそのまま使ってた。
ミラーユニットの不具合は全く気づかず。

気付かないほうが幸せなこともあるの典型かも。

これから繁忙期なのでこの1DX2にはまたしっかり頑張ってもらおう。

EOS-1DX MarkⅡのマルチコントローラーが壊れた

EOS-1DX MarkⅡのマルチコントローラーが壊れた

縦位置のマルチコントローラーが、もう何ヶ月も前から反応が悪くてだましだまし使ってた感じなんだけど、前回の撮影で騙しながらも使えないぐらいになったので修理に出した。

Canonのサービスセンターが福岡から撤退したので、どのような方法で修理に出すか悩んだ
1、Canonの引取サービスを使う 1,680円?
2、購入店に出す
3、下請け修理の店に出す

早く修理して戻ってきてほしかったので、3を選択して店まで持っていったんだけどEOS-1系はメーカーでしか修理できないとの事で、持ち込んだ店舗からCanonに送られてしまった。
それなら引取サービスの方が良かったかもしれない。

修理が完了したら結果報告を書きます。
予想修理費 約3万円

追記
見積連絡 46,500円

追記2
AFユニット不良が発覚 見積連絡 計90,000円+α

3/6修理完了

EF70-200mm F4L IS USM

EF70-200mm F4L IS USM

EF70-200mm F4L IS USM

定番70-200F4レンズ

EF24-105mm F4L IS Ⅱ USMを買ったのは良いけど1年で2~3回しか使わなくて、眠らせておいても仕方ないので下取りに出して使う可能性がある70-200F4に替えてきた。

最近70-200F2.8LⅡの調子が悪く右側が片ボケするなーと思ってて、修理に出したらマウントが歪んでたらしい。
そりゃー片ボケもするね。
で、ISも不審だったのでついでにユニット交換してもらって修理代約3万円也。

比較サイトだと70-200はF2.8Ⅱを一段絞ってF4にしたより、F4LISの開放のほうが解像力がある感じだけど、実際に買って使ってみたらF4LISの開放は少し芯がない感じ。
やっぱりF2.8の方が良いけど、F4の軽さも捨てがたい。
最近は24-70もF2.8ではなくF4LISをよく使ってる。

再修理に出してたEF24-70F2.8LⅡが帰ってきた。

再修理に出してたEF24-70F2.8LⅡが帰ってきた。

いつもの斜め壁撮影テストでほぼ完璧にピントが合うようになった。

サードパーティ製の24-70F2.8で画質が良かったり、手ぶれ補正がついてたりするレンズが有る事は知ってる。
それでも純正にこだわる。
Tamronはリングの回転方向が逆だけど、そんなのは個人的にはどうでも良い。

CONTAXのカールツアイスレンズを持ってるぐらいマニアックなレンズも好きだけど、純正にこだわるのは平均点数が高いから。
サードパーティのレンズがいい条件を全て整えて最高150点を取れても平均が50点だったら自分の仕事では使えない。
最高が100点でも平均80点取れるレンズが仕事では良いレンズ。

SigmaもTamronもTokinaもその他も色々使ってきて、去年もSigmaの24-105を使ってみて最終的な結論が純正におちつく。
評判の悪いEF24-105のⅡ型でさえ評判の良いSigmaの24-105より総合点は高い。

婚礼だと1200枚撮って1000枚納品。
前撮りだと衣装1点で120枚撮って100枚納品。
こういう仕事だと、やはり純正が良い。
サードパーティ製のレンズでも使いこなしによって平均80点を出せる人も居るかもしれないけど自分には出来ない。

EF50mmF1.4USMは凄く良い。
単焦点を今から始める人には是非最初に使って欲しい。
最近の傾向である開放から解像するようなレンズではないけど、絞るに連れて収差が減っていきF2.5ぐらいから柔らかくもあり繊細な写りをする。
F2.8になると柔らかさが薄れて精鋭な写りになっていく。
作られた良い写りではなく、クセのない純粋なプラナーの描写が体感できる。
絞りにたいする写りの変化もよく理解できる。
50mm単焦点が得意な画角でないので使う機会は殆どないけど、こんな良いレンズを他に知らない。

やっぱりEOS 5D Mark IVも買ってしまった

やっぱりEOS 5D Mark IVも買ってしまった

行きつけのカメラ店で約37万円
価格コム最安値が34.5万ぐらいだから2.5万ぐらい高かった。
24-105Ⅱと合わせて約50万。

初期設定と少しの試写をしただけの感想。
いつも1Dだけを使ってるから久しぶりの5Dは安っぽい。
37万の価値があるか・・・ あと少し出せば1DXが買える事を考えると微妙な感じ。

マニュアルをDLして読んでたからわかってたけど、Wi-FiのFTPモードは1DXⅡにWFTを取付けたのと同じようにFTPサーバーへ転送出来る。
1DXⅡとの違いは、節電モードが無いこと、設定の保存数がたった3つしか無いこと(1DXⅡは20個)。
3つしか無かったらタブレット2台とスタジオのPCだけで終わってしまう。
あと、PCやタブレットのブラウザからカメラを操作出来るモードがないようだけど、あっても使わないから良い。
とりあえず求めてた事は出来そう。

明日早速実戦投入。
1DXⅡ 70-200F2.8LISⅡ
1DXⅡ 24-70F2.8LⅡ
5D4 16-35F2.8LⅡ
の3台体制で撮影してみる。
1DXⅡの2台はスパイダーホルスターで腰にセット。
5D4はストラップで首掛け。

Page Navigation

Utility

Calendar

2018.04
S M T W S F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

About

偏見だけの役に立たないブログ。

Search

エントリー検索フォーム
Keyword

Link

鯛カブラの神様
釣りのまにまに

Recent Image

User