Home > Blog > Category : EF24-105F4LⅡ

Blog

EOS 5D Mark IV + EF24-105mm F4L IS II USM

EOS 5D Mark IV + EF24-105mm F4L IS II USM

24-105mmのレンズを買う人って70-105mmの焦点距離に重みがあって、24-70ではなく24-105を選ぶと思うんだけど、個人的にはスチール撮影において70-105って別に無くても良い。
24-105F4に対して24-70F2.8のアドバンテージとして、F2.8の光束によるAFが可能なこと。
ファインダーが明るい。
解像力が高い。
等があげられる。
70-105mmの焦点距離に対して上記3点のトレードオフとなると70-105mmを捨てる方を選ぶ。
いつもの撮影では70-200F2.8もあるから望遠側はそちらに任せられるってのがあるけど、もし1本だけで撮影するとしてもやはり24-70F2.8を選ぶかな。

EFレンズには24-70F4もあって、標準Lズームだけで3種類もある。
EF24-70F4って解像力はF2.8>F4>24-105って感じで中間で、焦点距離は短いんだけど接写に強いのと軽いというメリットが有る。
24-70F2.8もそこそこ寄れるんだけど、24-70F4は比較にならないぐらい接写出来る。

現行標準Lズームを3本も持ってしまったので使い方に色々悩む。

やっぱりEOS 5D Mark IVも買ってしまった

やっぱりEOS 5D Mark IVも買ってしまった

行きつけのカメラ店で約37万円
価格コム最安値が34.5万ぐらいだから2.5万ぐらい高かった。
24-105Ⅱと合わせて約50万。

初期設定と少しの試写をしただけの感想。
いつも1Dだけを使ってるから久しぶりの5Dは安っぽい。
37万の価値があるか・・・ あと少し出せば1DXが買える事を考えると微妙な感じ。

マニュアルをDLして読んでたからわかってたけど、Wi-FiのFTPモードは1DXⅡにWFTを取付けたのと同じようにFTPサーバーへ転送出来る。
1DXⅡとの違いは、節電モードが無いこと、設定の保存数がたった3つしか無いこと(1DXⅡは20個)。
3つしか無かったらタブレット2台とスタジオのPCだけで終わってしまう。
あと、PCやタブレットのブラウザからカメラを操作出来るモードがないようだけど、あっても使わないから良い。
とりあえず求めてた事は出来そう。

明日早速実戦投入。
1DXⅡ 70-200F2.8LISⅡ
1DXⅡ 24-70F2.8LⅡ
5D4 16-35F2.8LⅡ
の3台体制で撮影してみる。
1DXⅡの2台はスパイダーホルスターで腰にセット。
5D4はストラップで首掛け。

EF24-105mm F4L IS II USM

EF24-105mm F4L IS II USM

EF24-105mm F4L IS II USM

2017年1月1日になったみたい。
去年最後の買い物はEF24-105mm F4L IS II USMだった。
注文してたEF24-105mm F4L IS II USMの入荷連絡があったのが、昨日の12月31日。
使い道ないから要らないのに・・・と思いながらも注文してしまってたので受け取に行った。

Sigma24-105mmが使いにくくて、下取りでEF24-105LⅡを買いに行ったら在庫で無くて、仕方ないからEF24-70F4Lを買って、24-105LⅡも取り寄せしときますか?って聞かれてなんとなく答えて、入荷連絡なければ良いのにと思ってたけど、そういう訳にはいかないね。

EF24-70F2.8LⅡ
EF24-70F4L
EF24-105F4LⅡ
の現行標準Lズームの3本をコンプリートしてしまった。

EF24-105mm F4L IS II USMは開封してゴミチェックしてカメラに装着してファインダーでピントチェックしてみただけでまだ一枚も撮ってない。

これあんまり評判良くないんだよねぇ。
一度借りて少しだけ使ったことはあるけど、評判どうり大して進化してないレンズだった。
そしてズームリングが異常に重いね。
そのうち軽くなるかもしれないけど、左手が疲れる。

ISあるから動画で良さそうだけど、EF24-70F4もあるしどう使い分けるかなぁ。

Page Navigation

  • 1 / 1

Utility

Calendar

2018.02
S M T W S F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

About

偏見だけの役に立たないブログ。

Search

エントリー検索フォーム
Keyword

Link

鯛カブラの神様
釣りのまにまに

Recent Image

User