Home > Blog > Category : EF70-200F2.8L IS II

Blog

再修理に出してたEF24-70F2.8LⅡが帰ってきた。

再修理に出してたEF24-70F2.8LⅡが帰ってきた。

いつもの斜め壁撮影テストでほぼ完璧にピントが合うようになった。

サードパーティ製の24-70F2.8で画質が良かったり、手ぶれ補正がついてたりするレンズが有る事は知ってる。
それでも純正にこだわる。
Tamronはリングの回転方向が逆だけど、そんなのは個人的にはどうでも良い。

CONTAXのカールツアイスレンズを持ってるぐらいマニアックなレンズも好きだけど、純正にこだわるのは平均点数が高いから。
サードパーティのレンズがいい条件を全て整えて最高150点を取れても平均が50点だったら自分の仕事では使えない。
最高が100点でも平均80点取れるレンズが仕事では良いレンズ。

SigmaもTamronもTokinaもその他も色々使ってきて、去年もSigmaの24-105を使ってみて最終的な結論が純正におちつく。
評判の悪いEF24-105のⅡ型でさえ評判の良いSigmaの24-105より総合点は高い。

婚礼だと1200枚撮って1000枚納品。
前撮りだと衣装1点で120枚撮って100枚納品。
こういう仕事だと、やはり純正が良い。
サードパーティ製のレンズでも使いこなしによって平均80点を出せる人も居るかもしれないけど自分には出来ない。

EF50mmF1.4USMは凄く良い。
単焦点を今から始める人には是非最初に使って欲しい。
最近の傾向である開放から解像するようなレンズではないけど、絞るに連れて収差が減っていきF2.5ぐらいから柔らかくもあり繊細な写りをする。
F2.8になると柔らかさが薄れて精鋭な写りになっていく。
作られた良い写りではなく、クセのない純粋なプラナーの描写が体感できる。
絞りにたいする写りの変化もよく理解できる。
50mm単焦点が得意な画角でないので使う機会は殆どないけど、こんな良いレンズを他に知らない。

クロップ無い・・・

クロップ無い・・・

5Dsに搭載されたクロップ機能は1DX2は無いのかぁ。
APS-Cクロップは要らないけどAPS-Hクロップは16-35から24-70の繋がりが良くなるから欲しかった。

昨日買った1DX2はCMOSに傷が見つかって交換機種待ち。
開放F2.8でも写る大きめの傷。
一応設定をCFに保存したけど、どれだけ復元出来るんだろう。

長辺2400px

長辺2400px

もうずっと前からネットUP用のJPEGは長辺1500pxと決めてたけど、これからは2400pxに変える事にした。
1500pxにしてた理由は3:2のアスペクト比で1500x1000とキリが良い数字だったのと、フルHDぐらいの液晶モニタに丁度良かったから。
2400pxに変える理由は、1500pxより大きな解像度に耐えうる画質をアベレージにしたいというステップアップ要素と、数値自体は尊敬する大先生の真似。

と言ってもこのブログはcolorboxを導入してるからそれをOFFに出来る人かDLした人しかUPしてるサイズをフルピクセルで見ることは出来ないのだけど。

このエントリーから2400pxになります。
フルピクセルで閲覧したい人は頑張って。

RAWの意味が薄れてきたような・・・

RAWの意味が薄れてきたような・・・

EOS 20D,EOS 5Dの頃からほぼ100%をRAWで撮るようになってJPEGは使ってなかったけど、Wi-Fi転送用で撮ってたJPEGとRAWをCameraRawで開いたらレタッチ耐性の差が昔ほど大きくないように感じた。
RAWの方がレンズ補正が有効だったり便利な面はあるけど、重要じゃない撮影はJPEGで良いのかなーと思ったりした。

差が0じゃないからこれからもRAWで撮るけど。

SS1/400 F10 ISO1250

SS1/400 F10 ISO1250

SS1/400 F10 ISO1250

カメラの高感度性能が上がって、こういうISOでも後処理でノイズ低減させる事を前提にしなくても撮れるようになった。

Page Navigation

Utility

Calendar

2018.04
S M T W S F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

About

偏見だけの役に立たないブログ。

Search

エントリー検索フォーム
Keyword

Link

鯛カブラの神様
釣りのまにまに

Recent Image

User