Home > Entry > Archive : Jul 2016

Entry

動画撮影時に静止画は撮影できません

動画撮影時に静止画は撮影できません

動画撮影時に静止画は撮影できません

EOS-1DX markⅡの残念な仕様変更。
今までのEOSは出来たのになぁ。
動画撮影中にシャッターを押しても写真が撮れないからカスタムメニューで設定しなければならないと思ってマニュアルを見てたら静止画は撮れないようになってた。

これは残念。

3WAY 正弦波インバーター 400W

  • Jul 25, 2016
  • Category : OTHER

3WAY 正弦波インバーター 400W

3WAY 正弦波インバーター 400W

車内でAC100Vの家電製品を使うためのインバーター。

ロケでヘアアイロンを使うために導入。

ネットで検索してもあんまり情報が無いのだけど、ヘアアイロンはメーカーによって矩形波インバーターでも動作するものと、正弦波インバーターじゃないと動作しないものがある。
安価なインバーターは矩形波のものが多く、ヘアアイロンの電源すら入らなかったり、手で触れる程度までしか温度が上がらなかったりする。

上の正弦波インバーターならだいたいどのメーカーのアイロンでも大丈夫。
ワット数も400Wあれば殆どのヘアアイロンの瞬間最大電力にも対応出来る。
バッテリーケーブルが短いのでバッテリー直結から車内に引き込んで使うには不便なので、要延長ケーブル。

例えばヴィダルサスーンは矩形波でOKだけど、モッズ・ヘアは正弦波じゃないと加熱しない。
車種によっては最初から車内にAC100Vのコンセントがあるけど、矩形波100W程度のものが多いのであまり使えない。

量販店で売ってるのは矩形波モデルが多くて正弦波モデルを探すのは大変だけど、目的がヘアアイロンの使用なら後悔しないように最初から正弦波モデル導入がお奨め。

Scene - カンタン写真整理&共有

Scene - カンタン写真整理&共有

Scene - カンタン写真整理&共有

こんなAndroidアプリを探していた。
写真の仕事をしてる人には向いてる・・・と思う。

Androidの定番ギャラリーアプリはQuicPic
中国企業に買収されて不安もあるけど、使いやすさはかわらない。

デジタル一眼レフからワイヤレスファイルトランスミッターでAndroid端末に写真を転送する上でこのQuickPicを使ってて唯一の不満が、フォルダに画像が追加されてもサムネイル一覧が自動更新されないことだった。

撮影中はスタイリストにタブレットを渡してヘアメイクと衣装の乱れ等をチェックしてもらってるんだけど、自動更新出来たら効率がよくなるのにとずっと思ってた。

それでGoogle Playでギャラリーアプリを30個ぐらい落としてみて全部チェックしたら、自動更新されない以前に殆どが端末内の既存写真を表示してくれない。
幾つか表示してくれるのもあるけど、重い。
自動更新してくれるのは皆無。

Sceneだけは他の約30個と全く違った。
自動更新、軽い。
あとコレに欲しいのはQuickPicにある写真長押しで複数選択が出来る機能だけ。

使うかどうかわからないけど、簡単に出来るアルバム機能などもあってなかなか良いよ。
QuickPicに飽きた人は使ってみたら良いかも。

EOS-1D X Mark IIをもう1台買ってしまいそう・・・

EOS-1D X Mark IIをもう1台買ってしまいそう・・・

1DX2 : 1DX 詳細比較

この表で見ても大して差は無い感じがするけど、実際に使ってみると全然違う。
感じ方は人それぞれで先に買った知り合いは、”無理して買い換える程じゃない”って言ってたけど、個人的にはちょっと無理しても買い換える価値が十分にあると感じる。

前にも書いたけど動画撮影でAFが追い続けるのは、やっとビデオカメラとしての動画撮影機能になったと言える。
ライブビューや動画モードの時に前モデルではあったクイックAFが排除されたけど、このモデルで搭載されたデュアルピクセルAFはそれを納得させる速さがある。
これも改めて書くけど、ファインダー内の情報量の豊富さが良い。特に水準器。
比較表では全くわからないけど、ワイヤレスファイルトランスミッターに関する設定が沢山追加されてる事も嬉しい誤算だった。これは1DX2用のWFT-E6Bマニュアルを見てやっとわかったこと。
前モデルでは無かったカメラアクセスポイントモードまで搭載されている。
それにより1DXでは使えなかったスマートフォンアプリのCanonCameraConnectも対応した。

CFastは高いけどめちゃくちゃ速い。500枚のJPEG-MをPCに取り込むのに10秒かからない。
いつもはRAWをDNGに変換しながら取り込んでるのでその恩恵はあまり無いのだけど速いのはやっぱり良い。

サイレントシャッターは静かになったと言えど、6Dほどの静かさはない。
音の大きい順に並べると1DX>1DX2>5D3>6Dとなって、6Dの静寂性は揺るがない。
だけど1DX2で追加されたサイレント連写は使える。

AF輝度範囲の-3EV~は体感で違う。1DXで厳しかった暗さでも気持ちよく合焦する。

背面液晶162万ドットも良い感じ。色味は✗だけど。

手持ちの5D3と6Dを下取りで1DX2が半額ぐらいになるなら買い換えてしまうかも・・・。

1DX2を3日使ってみて

1DX2を3日使ってみて

1DX2を3日使ってみての感想。※個人的な見解。

■良い点
・ファインダーが見やすい。
・ファインダーの情報量が多い。(水準器が特に良い)
・動画モードの時に撮影中でもAFが追い続ける。しかも高精度。
・動画と静止画ライブビューの切り替えスイッチが付いた。
・サイレントシャッターがけっこう静かになった。

■悪い点
・背面液晶が黄色い

今のところはこれぐらい。

上の写真のレンズはEF85mm F1.2L USM(初代)

Page Navigation

Utility

Calendar

2016.07
S M T W S F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

About

偏見だけの役に立たないブログ。

Search

エントリー検索フォーム
Keyword

Link

鯛カブラの神様
釣りのまにまに

Recent Image

User