Home > > 修理に出したら極度の前ピンになったEF24-70F2.8LⅡ

修理に出したら極度の前ピンになったEF24-70F2.8LⅡ

修理に出したら極度の前ピンになったEF24-70F2.8LⅡ

うちのEF24-70F2.8LⅡUSMはよく壊れる。
使用頻度が高いのもあって、修理回数が多い。

昨年の12月に片ボケで修理に出して戻ってきたけど、どうもピンボケが多発する。
軽くピントテストをしても合ってるみたいだったから、BODYの問題なのか、自分が手抜きになってきたのか理由がわからないままだった。

いつもは1DXⅡで使ってるけど、試しに5D4に24-70だけで撮影にいってみたら、ことごとく前ピンだった。
今度はピントが合わないと疑ってかかってテストしたら1DXⅡ2台と5D4の合わせて3台でAFマイクロアジャストメント15メモリ分の前ピンであることがわかった。

最大で20メモリ分まで調整できるAFマイクロアジャストメントで、その3/4もズレていた。
3台のボディで一律15メモリ分ズレるという事は、レンズの方がズレている。
修理前は片ボケをしてたものの、中心のAFが合わない事はなかった。
Canonの修理部門はきちんとテストしてるのだろうか。

Canonデジタル1眼レフのピントはよくズレると周知されてるけど、自分のはだいたい調製無しで合ってたから信用して油断してた。

今度からAFテストをする時は最初から疑ってかかろうと思った。

修理に出すたびに言ってる気がするけど、Canonの技術料とはいったいなんなのだろうか。

Utility

Calendar

2018.02
S M T W S F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

About

偏見だけの役に立たないブログ。

Search

エントリー検索フォーム
Keyword

Link

鯛カブラの神様
釣りのまにまに

Recent Image

User