EOS 60D

0050.jpg

富士山

八景島シーパラダイスの入り口の橋の上から撮った写真だった気がする。
福岡で生まれ育ったから富士山とは縁がなかなか無いな。

EOS 60D+EF35mm F1.4L USMの写真があった。
60Dは数ヶ月しか持ってなかった気がする。
サブで使えると思って買ったけど、やっぱりAPSはAPS。
画質が納得出来るものじゃなかった。

EOS MはAPS-Cでも良いんだけど、”一眼レフ”にはやっぱり画質を期待するからAPSの一眼レフは残念。
最新の7D2はよく知らないけどAPS-Cだから全く食指が動かない。

0048.jpg
0052.jpg

富士山

綺麗だった。
きっと一生忘れない。

0001.jpg

デザイン変更

ブログのテンプレートを変更した。
元々シンプルが好きなのでこういうのが良い。

今日は銀杏を撮りに行ってみたんだけど気分が乗らなくてUPしてる一枚だけで帰って来た。

779.jpg

ハイライトきびしー

服の部分のハイライト逝ってますね。
フルサイズで撮ってたら、気にしなくて良い輝度差だと思ってたけど。
これは60Dだからなのか・・・

気になるので調べてみる
GANREF | EOS 60Dの性能テスト(ダイナミックレンジ) | デジタル一眼レフカメラ
ハイライト側ダイナミックレンジ3.2段
ちなみに1D3だと・・・
GANREF | EOS-1D Mark IIIの性能テスト(ダイナミックレンジ) | デジタル一眼レフカメラ
ハイライト側ダイナミックレンジ3.5段
更に幾つか新しい機種を確認してみると、最新の1D4でも、ハイライト側ダイナミックレンジ3.2段。
NIKON D90は3.8段、EOS 5Dは3.6段

0.2や0.3段差でも結構大きいね。
これは結構使い難いな。
最新の1DX、5D3等はデータが無いので不明だけど、これが画素数を上げた弊害だとしたらやっぱり画素数はこんなに要らないな。