EF70-200F2.8L IS II

5D3_0761.jpg

開花宣言

やたらと桜があちこちで咲いてると思ったら福岡は昨日が開花宣言だった。

0553.jpg

4年目

婚礼写真で独立して4年目。
紹介での依頼がどんどん増えてきて嬉しい限り。

IMG0120.jpg

高感度すごい

2011年発売のモデルだから今更って感じなんだけど、ほんとに凄いと改めて思った。
1D MarkⅣから2段分向上したって言ってたけど、そんな感じ。
1D MarkⅢからⅣを飛び越えてXに行ったから余計に凄さを感じる。
MarkⅢだったらISO1600でノイズが目立ちだして、ISO3200だともう臨時用でしか使わなかったけど、XだとISO1600は普通に使えてISO3200もISO6400もまだまだ使える。

それよりも補正耐性の凄さ。
ISO1600でアンダーになってたのを+2まで上げても全然問題ない。
CMOSとCMOS周りの性能向上と、ソフトのノイズリダクションが高性能になったからそんな感じ。20DなんてISO400でザラザラになりだしてISO800がもう限界な感じだったのにね。

あと、CMOS性能なのかCameraRaw8の機能なのかまだよくわかってないけど、びっくりするほど白飛びししない。
1D MarkⅢだと余裕で白飛び警告が出るような露出なのに全然赤くならない。

1D Xの後継機が出る頃はこれ以上に高性能になってるんだろうな~。

1DX_5160.jpg
1DX_3991.jpg

露出はヒストグラムで決める

初めて買ったデジタル一眼レフはEOS 20Dで、もうそれから9年目になる。
フィルムカメラには無かったヒストグラムがデジタルでは確認出来るようになって、露出の失敗がほぼ無くなった。
99%以上をマニュアル露出で撮ってるけど、最初はだいたい勘で露出設定して、被写体を測光して1枚撮ってヒストグラムを確認してISO、絞り、シャッター速度を調整し直す。
白飛び警告をONにしてたらヒストグラム無しでもいけない事はないけど、ヒストグラムと白飛び警告を組み合わせたらより正確に露出設定が出来るね。