PC

1592128445845.jpg

やっとNVMe

Core i7 4790 SATA SSD50GB MEM32GB → Core i7 6800 NVMe M.2 500GB MEM64GBにやっとアップグレード。
アップグレードしても全然最新スペックじゃないけど。

RAW現像を行う写真編集においてはCPU性能もメモリ容量もそこそこは必要。
現像速度は単純にCPU性能に依存する。性能というかコア数。
4→6になったので1.5倍ぐらい早い。
編集においてはメモリー容量も大きく影響してくる。

RAWからJPEGを書き出し中に4790では次の作業をするって少し厳しい状況だったけど6800だと割とスムーズに出来る。
でもやっぱり快適ではないので現像専用のPCも追加した。

編集するRAWはメインPCの共有Dドライブに入れると決める。
メインPCで編集が終わったらサブPC(Core i7 6700 MEM32GB)をリモートコントロールして、メインPCのDドライブにあるRAWを現像してメインPCの中に書き出す。
実際に試してみたけど結構いい感じ。
1000枚のRAWをPC2台で500枚ずつ同時に現像することも出来た。
今までのやり方から考えると夢の様な環境。
これで撮影がたくさん来ても余裕で対応出来る・・・・けどコロ助のせいでほぼ撮影がない。
これがフル稼働するのは秋かな。

27型 Adobe RGB 99%カバー写真家向けWQHD/QHDカラーマネジメントディスプレイSW2700PT

BENQ SW2700PT

NEC LCD241Wが壊れて電源すら入らなくなったのでBENQのハードウェアキャリブレーション対応モニタを買ってみた。
並べて比較できるモニタが無いのでよくわからないけど、写真編集する分には特に問題ない。
24インチ → 27インチへの変更は解像度が上がって良かった。
今まで使ってたi1はこのモニタには対応してなかったので新しいモデルに買い替えた。
ハードウェアキャリブレーションはBENQよりNECのソフトの方がわかりやすくてやりやすい。

FSP 80PLUS GOLD取得ATX電源AURUM Sシリーズ12cmFAN搭載 AS-400/AS-500/AS-600/AS-700

メインPCの電源を入れ替え FSP 80PLUS GOLD取得ATX電源AURUM Sシリーズ12cmFAN搭載 AS-600

FSP 80PLUS GOLD取得ATX電源AURUM Sシリーズ12cmFAN搭載 AS-400/AS-500/AS-600/AS-700

メインPCがプチフリを起こしたりRAW現像の速度が低下したらおかしな事になってたので電源を入れ替えたら正常に戻った。

OGP設定とやら

OGP設定とやらに手を出している。

”Open Graph Protocol”

手を出してると言ってもmetaソースをコピペしてるだけ。

この投稿はogp.jpgのテスト。

モバイルフレンドリーとかレスポンシブとか

スマートフォンという低解像度端末の普及によってウェブサイトのデザイン指標が大きく変わったのですよ。
それでここも対応しないと検索サイトでどんどん引きずり落とされるから自分のスタジオのサイトようにCSSで上手いことやろうと思ったけど、あれってすごい時間がかかる。
時間というか日数がかかる。
頭がパニック状態になる。

一応ここもそれをやろうと思って取り掛かってみたけどやっぱりめんどくさくってテンプレ頼り。
で、とっても見辛いレイアウトになってしまったけど、たぶんGoogleのクローラーは見やすさよりもモバイルフレンドリーかどうかの方を重要視してるので、とりあえずこれで検索順位は上がるはず。

上のメニューの右にある虫眼鏡マークからキーワード検索したら読みたいエントリーが見つかるよ。