PC

0123.png

Windows10でハードウェアキャリブレーション

モニタはNECのLCD PA241W

Windows7から10にアップデートした状態ではSpectraViewがモニタを認識出来てたのに、Windows10を初期化したら認識できなくなって困ってた。
結果、SpectraViewのアップデートで解決。

それと接続ケーブルをDisplayPortに替えてみた。
PA241Wに同梱のケーブルだと画面が一瞬真っ黒になるのが頻発したり横線が走ったりしてたけど、Amazonで買った金メッキケーブルに替えたら問題なくなった。
DVIケーブルのより感覚的になめらかな表示になった気がするけど、実際はよくわからん。

000.png
05.png

memory 32GBは良いね W3U1600HQ-8G

W3U1600HQ-8GC11W3U1600HQ-8Gを追加して32GBになった。
16GBでも良いと思ってたけどRAWを扱ってたら16GBの80%ぐらい使うことがあったし、8GBx2で12,000円台まで下がってるのでバランスを考慮して32GBへ増設。
CL9とCL11の組み合わせだからCL11になるのかな。体感では全くわからない。

ついでにCPUクーラーもリテールからHYPER TX3 EVOに変更。
組んで電源入れたらいきなり50度(CoreTempにて確認)になってたから焦ったけどCPUファンのケーブル刺し忘れ。
逆にファン無しで50度に収まってるのは優秀と思った。
そしてファンが回ってもアイドルで40度前後までしか下がらない。(室温25度)
組み付けかグリスが悪いんだろうけど組み直すのは面倒だからしばらく放置。

※追記 高負荷時でも60度台で安定。 高負荷でファンの回転数が上がる仕様だからこうなるのか。

あとはSSD256GBとHDD4Tを4つぐらい組み入れたい。

応急処置はしてるけどちょっとめんどくさい。

001.png

windows10でCameraRawのスライダをintuosで動かすとひっかかる

windows10でCameraRawのスライダをintuosで動かすとひっかかる

原因:ワコムタブレットプロパティのデジタルインク機能を使う

20150828141636.png

Adobe Bridgeでこの機能が有効になってるとCameraRawのスライダが引っかかるしBridge自体も動きが鈍くなるのでアプリケーションにBridgeを追加してデジタルインク機能を使うのチェックボックスを外す。

他のアプリケーションはデジタルインク機能が有効でも構わないのですべての部分のデジタルインキ機能を使うはチェックを入れてても良いと思う。

これでも調子が悪いならアプリケーションで筆圧を使いたいものだけにデジタルインク機能のチェックを入れたら良いはず。

000.png

懲りずにWindows10

一度はWindows7に戻したメインPCをまた懲りずにWindows10にアップした。

元のシステムのままだと使えなかったからCPUをCore i7 4790に交換。
それに伴いもちろんマザーボードも交換。
メモリはDDR3の8GBを2枚(同じものをあと2枚追加したい)

このスペックだとやはり快適。

7の時点でエクスペリエンスインデックスはCPUが足かせで6.9
20150828152522.png
どのCPUを選べば7.9になるんだろう

これでうちのPCは

  • Windows10 pro x2
  • Windows7 pro sp1 x1
  • WindowsXP SP3 x2

になった。