BRIDAL

IMG0418.jpg

これもoff camera lighting

時間なくて上手くセットできんかった。

FILE0501.jpg

off camera lighting

CANONのSPEEDLITEがラジオスレーブになって楽しくなった。
これは600EX-RTに60cmぐらいのソフトボックス。

1DX_0055.jpg

studio photo

140cmオクタバンク1灯
黒バック
黒カポックx4

FILE0045.jpg

マーメイドライン

マーメイドラインのウェディングドレスは良いと思うけど着る人はかなり少ない。
もっと絞った方が良かったかな。

1397267_1579227725639520_1504571922006326371_o.jpg

単焦点とズーム

単焦点レンズのメリット
軽い
色収差が少ない
開放F値が明るい
ピントが合いやすい
最適化設計されたレンズフード
ズームレンズのメリット
ズームが出来る
単焦点レンズのデメリット
ズームできない
ズームレンズのデメリット
開放F値が暗い
ピントが合いにくい
重い
諸収差が大きい
レンズフードの設計は広角端に合わせる必要がある

単焦点とズームレンズのメリット・デメリットは他にもあるだろうけど、ざっと挙げただけでこれぐらいはある。

単焦点はズームレンズに比べてズームできないというデメリットがあるだけで、メリットが格段に大きい。
要は、ド素人でも簡単に綺麗な写真が撮れる。

一眼レフを始める時に殆どの人はズームレンズのキットで買うだろう。
そしてネットで単焦点で撮った写真をみたりして、単焦点の魅力を知る。
単焦点を得て、今まで撮ったことがないような写真が撮れて自分が上手くなったかのような錯覚をする。
"やっぱ単焦点が良いよね"と、単焦点至上論を語りだす。

だけど、紙面を賑わす人気写真家様の殆どはズームレンズを使っている。
デメリットだらけのはずのズームレンズで自分よりずっと素晴らしい写真を撮っている。

そこで気付く。
単焦点で良い写真が撮れるのは上手くなったわけじゃなくレンズのおかげなんだと。
ズームレンズで素晴らしい写真が撮れてこそ、上手くなったんだと。

そして標準ズームで今まで単焦点で撮った写真よりもっと良い物を撮れるようになろうと努力する。

↑いまここ

自分の話。