BRIDAL

IMG0120.jpg

高感度すごい

2011年発売のモデルだから今更って感じなんだけど、ほんとに凄いと改めて思った。
1D MarkⅣから2段分向上したって言ってたけど、そんな感じ。
1D MarkⅢからⅣを飛び越えてXに行ったから余計に凄さを感じる。
MarkⅢだったらISO1600でノイズが目立ちだして、ISO3200だともう臨時用でしか使わなかったけど、XだとISO1600は普通に使えてISO3200もISO6400もまだまだ使える。

それよりも補正耐性の凄さ。
ISO1600でアンダーになってたのを+2まで上げても全然問題ない。
CMOSとCMOS周りの性能向上と、ソフトのノイズリダクションが高性能になったからそんな感じ。20DなんてISO400でザラザラになりだしてISO800がもう限界な感じだったのにね。

あと、CMOS性能なのかCameraRaw8の機能なのかまだよくわかってないけど、びっくりするほど白飛びししない。
1D MarkⅢだと余裕で白飛び警告が出るような露出なのに全然赤くならない。

1D Xの後継機が出る頃はこれ以上に高性能になってるんだろうな~。

1DX_1131.png

OnOne PhotoFrame

OnOne PhotoFrame Software Review ≫ Ken Kaminesky Travel Photography Blog

ドイツのOnOneという会社のPHOTOSHOP用プラグインPhotoFrameが良さそう。
と思ってFree版を落としたけど、CCではインストール出来ない。(そもそもCCに対応してるかすらわからない)
なのでアンインストールしていたCS4を再インストールしたら難なくこちらにはインストール出来て、使えた。
仕事で活躍しそうだからやっぱり製品版を購入しようと思ったら、購入できるページが見つからない。

色々難しいなこれ。

IMG0323.jpg
IMG0113.jpg

また失敗した夢をみた

式場に早めに入って撮影の時間までテラスみたいなところで休んでたら、うとうとして気がついたら挙式が始まって最後の少ししか撮れなかったという夢。

ブライダルを撮影するカメラマンは殆どの人が失敗した夢をよくみる。
絶対失敗できない撮影だから、プレッシャーが大きいんだろうな。

夢でいつも失敗するから現実で失敗しないように最善の注意をする。
失敗した夢をしょっちゅうみるのは精神的にあんまりよくないけど、現実で注意するようになるから絶対に悪いとも言えないかな。

zzz632.jpg

キラキラ

なんでこんなにキラキラになるのかな。