2014年06月

goaiko_D.jpg

ご愛顧割

ご愛顧割
長くドコモをご利用の方に、おトクな割引実施中!

うんうん、偉いねdocomoはMNPばかり優遇しないでこんな割引を設定するなんて。

じゃぁ新規やMNPと比べてどれくらいお得なのか比べてみよう。

機種変更第一候補にしてるN-06Eを例に・・・

機種変更(FOMA→Xi、Xi→Xi)
【ご愛顧割】-49,680円 商品代金69,120円(税込)が割引対象となり 
19,440円(税込)

新規(追加)契約 
【デビュー割】-55,080円 商品代金69,120円(税込)が割引対象となり 
14,040円(税込)

他社からのりかえ(MNP)
【デビュー割】-55,080円【MNP限定特別割引】-4,320円 商品代金69,120円(税込) が割引対象となり 
9,720円(税込)

何がご愛顧割だよ。
しかも割引対象条件がたった3ヶ月以上の継続契約。
そしてご愛顧割対象機種になる前の方が実質負担金は安かったという・・・。

こういう悪徳表現は反感を買うだけじゃないの。

28.png

EOS iTR AF

ユーザーでも理解してない人が多いEOS-1D Xのみに搭載されてる機能EOS iTR AF。
AFセンサーで被写体の色や輪郭を認識して、測距エリア内に人物の顔があれば人物にピントを合わせに行く非常に便利な機能。

面白いから何度か使ってみてるけど手動に慣れている場合、実用性は高くない。
仕事用途ではなく、気軽にスナップ感覚で撮りたい時は結構良いよ。

tc8git000000d3hr.jpg

NECカシオ 最終スマートフォン MEDIAS X N-06E

MEDIAS X N-06E

スマートフォン市場から撤退したNECカシオモバイルコミュニケーションズの最期の端末。2013年夏モデル。

2014年モデルを性能と価格で検討しても欲しいと思うのが1つもない。
SONY,SHARP,富士通のハイスペックモデルは5インチ以上で大きすぎるし、SONYのA2はサイズ的に丁度良いけど、このタイミングで出すのにVoLTE非対応だしRAMが2GBというスペックの割に価格は高い。
月々サポート適用で月々2,000円以下くらいだけど、2年未満で機種変更すると実質負担金より高くなるという縛りも面白く無い。

そこで候補に挙がってきたのがMEDIAS X N-06D。
docomo10年以上継続仕様のご愛顧割で19,440円。
※10年未満でも同じ価格だった。
価格的には最新モデルを24回払いにして10ヶ月支払うのと同じくらい。
これにすらば月々サポートの縛りもなく、今後気に入ったモデルが出たら躊躇なく機種変更出来る。

今使ってるN-07Dは特に大きな不満があるというわけではない。
細かい不満を挙げるなら、LTEの掴みが悪いこと。
撮影がある日以外はほとんど自室で編集作業をしてるけど、その自室で電波が悪いのは困る。
N-07DがLTEネットワーク2.1Gのみなのに対し、次候補のN-06EはLTE(800/1500/2100MHz)。
その他にもCPU,ROM,RAM等も今年のモデルに対して大きな遜色はない。
最低10ヶ月使えばいいと考えると充分なスペック。

2013年冬ー春モデルも安定機種が月々サポート有りで月400円程度まで下がってるから検討対象に入れてみたけど、やはり型落ちでこれから2年縛りになるのは今後のモデル展開で後悔する可能性が高い。

月々サポート適用機種だと今月末までプレミア10年特割で最大1万円引きを受けられる事。
ご愛顧割適用のN-06Eだとプレミア10年特割が適用外だから今月中に決めてしまう必要がない。

という事で、N-07Dをもう少し使うかなぁ。

MEDIAS X N-07D PC LINK TOOL

もうだいぶ前からPC LINK TOOLでファイル管理が出来ないと思ってたら、OSをAndroid4.1にバージョンアップした後にTOOLのバージョンアップをしてなかったのが原因というオチだった。

PC LINK TOOL Android4.1対応バージョン

ブラウザからPC LINK TOOLの様にAndroid端末にアクセスできるこれ凄く便利。
AirDroid - Best Device Manager

0152.jpg

実質負担金と頭金

N-07Dの契約が今年で2年になるので、次の端末を比較検討中。
交換によって3台目になったN-07Dは調子いいと思ってたけど、最近になって急に充電器から外してすぐの起動が遅くなって使いづらい。

上の画像は、マイショップとオンライショップで購入する場合の結果金額を合成したもの。
機種はXperia Z2

支払い総額を見てみる
オンラインショップ 85,320円(税込)
マイショップ 90,720円

オンラインショップの方が5,400円安いね。
マイショップは頭金が5,400円計上してある。

そして実質負担金はどちらも
46,440円(1,935円/月)
で同じ。

総額が違うのに「実質」負担金に差があるのは変な話。
オンラインショップの実質負担金は実質負担金は①-②なのに対しマイショップは①-②-③と、頭金まで引いて「(月々の実質負担金)」と但し書きが付け足されている。

実質負担金というよくわからない表現と式を用いてマイショップもオンラインショップと同じ支払額と錯覚させるような表現をしてるけど、実際に支払う金額はマイショップの場合頭金の5,400円をプラスした51,840円になる。

これは、オンラインショップは端末価格の85,320円(税込)で販売するのに対し、マイショップは端末価格に頭金と名付けた手数料5,400円をプラスして90,720円で販売している。

ショップ購入の場合、オプションサービスを契約する事で頭金が0円になる事が多い。
そのオプションは翌月や翌々月には解約出来る。
しかし、5,400円が0円になっても500円のオプションを3つ契約させられて2ヶ月払うと割引された金額を超える。

この様にWeb上だけで比較するとオンラインショップが安いけど、ショップ購入の場合は過去に2万円分のカードを頂いたり、タブレット購入時は1万円キャッシュバックがあったり、実際に店に足を運んで購入してみるまで結果がわからない。

端末の購入は色々とややこしいな。

※頭金は上限5,000円(税抜き)で、ショップによってそれぞれ違うらしい。

料金プランはカケホーダイとデータSパックに替えて、MyDocomoで確認したら5,000円くらい安くなった。

Androidが防水といってもジェットに乗る時はそのままじゃ心配なので防水ケースに入れてライフジャケットの内ポケットに入れてる。
今は5.5インチまで対応のケースも出ていて、サイズもギリギリ内ポケットに入れられる大きさだから5インチモデルに買い換えても良いかな。