2018年05月

EOS-1DX MarkⅡ+EF35mm F1.4L USM ポートレート

EOS-1DX MarkⅡ+EF35mm F1.4L USM

EF35mm F1.4L USM

初代EOS 5Dの頃にいつも使ってたレンズ。

これも久しぶりに持ち出してほぼ開放で使ってみた。

諸収差の補正が甘くて5Dの1280万画素ぐらいなら良いけど2000万画素になると粗が目立つと言われてたけど、それは等倍鑑賞においての話かな。

開放ではすごく甘くて、少し絞ればしっかり解像してくれる感じがマニアには面白い。

EOS-1DX MarkⅡ+EF135mm F2L USM ポートレート

EOS-1DX MarkⅡ+EF135mm F2L USM

最近はずっとF4ズームばかり使ってて、久しぶりにEF135mm F2L USMとEF35mm F1.4L USMを持ち出してみた。

EOS-1DX MarkⅡになって単焦点は殆ど使ってなくてF4だとピント精度ってあんまり禁止なくて良いけどEF135mm F2L USMを使ってみたら改めて関心させられる。

全モデルの1DXだと完全に合ってるのは半分あるかないかぐらいだったと思ってるけどMarkⅡはピントを外してるのを探すほうが大変なぐらい。

やっぱ単焦点の写りは好きだけど、仕事では構図のバリエーションを短時間で沢山撮らないといけないからズーム優先になる。

1527595978896.jpg

freoのメールフォームでスパム対策に投稿キーを付けたらスパムがぱったりこなくなった。

freoのメールフォームでスパム対策に投稿キーを付けたらスパムがぱったりこなくなった。

freoでサイトを3つ運営してて、この1ヶ月ぐらいで急に外国からのスパムが/contactから大量に届くようになって鬱陶しいなーと思ってた。
.htaccessで外国のホストまるごと弾いてやろうと思ったけどそれもあんまりだから調べてたらfreo本家でプラグインが配布されたのでサクッと導入。

毎日数十件削除してたのがピタッと止まった。
マクロを組んでスパムを飛ばしてるんだろうけど、投稿キーで対策できる敵で良かった。

それと関係ないけどhttpsにするとjquery.jsのバージョンによってブラウザがフリーズしたりでいろいろ難しい。

SSL化その2

http://g55.jp/をhttps://g55.jp/に飛ばすのは.htaccessですぐに出来た。
でもhttp://www.g55.jp/をhttps://g55.jp/に飛ばす設定で問題発生。

そもそもwww.g55.jpで403エラーが出てどうしようもない。
散々悩んだ挙げ句、ロリポップのコントロールパネルでサブフォルダ設定にwwwが無かったことが原因だと判明。
サブフォルダにwwwを設定して、フォルダはhttps://g55.jpと同じものを設定で完了。

それでもhttps://www.g55.jp/にアクセスするとエラーになる。
こちらはムームードメインの方のネームサーバーを設定して無事完了。

全部やるのにまる1日ぐらいかかった。

これでやっと
http://g55.jp/
http://www.g55.jp/
https://www.g55.jp/
のどれにアクセスされても
https://
g55.jp/
にリダイレクトされるようになった。

1527332293719.jpg

SSL化

このブログのSSL化をやってみた。

意味はよくわかってない。
なんか暗号化されて安全になって検索サイトでの評価が上がるかもしれないって事だけ。

PHPのプログラムはfreoを使ってるので、まずは
・サーバーのマイページでSSLを有効にして、
・config.phpの設定でhttps://g55.jp/を入れて、
・templatesフォルダの中のhtmlでhttp_という記述を全て一括変換ツールを使ってhttps_に置き換える。
・.htaccessにhttp://でのアクセスをhttps://に飛ばす設定。
・googleConsoleでhttps://g55.jp/を登録。

あとはテンプレート内にhttp://から始まる絶対URLで記述してた部分も書き換え。

それでも何故か管理ページにログインした状態だと保護されてない判定される。

よくわかってないけどとりあえずこれで終わり。

実験は上手くいったのでスタジオのサイトもSSL化完了。