5D4_0242.jpg

EOS 5D markⅣを3回ぐらい使ってみた感想

ちゃんと撮影した写真をUPするのは久しぶりな感じがする。

婚礼前撮り1回
コンポジロケ1回
コンポジスタジオ1回
まだ仕事で使ったのは3回だけ。

去年の夏からEOS-1DX markⅡ 2台でずっと撮影してきたのでEOS 5D markⅣを評価する基準はEOS-1DX markⅡになる。
まぁほとんど偏見なので参考には成らないと思う。

画質や操作性は前モデルのEOS 5D markⅢと比べて大きな差はない。
画素数が増えて3,000万画素になったのでブレが確認しやすくなった。
画素数が多いとブレると勘違いしてる人が多いけど、カメラ内にあるCMOSの画素数が増減したからといってカメラ自体の物理的なブレ量が変わるわけがない。
画素数が多いとブレが記録されやすくなるだけで、ブレやすくなるわけではない。
また、大伸ばしをしないなら多い画素数は必要ないと勘違いしてる人も居るけど、分解能が高いと編集する上で大きなメリットになる。
でも編集も大伸ばしもしない人にはメモリを多く使うだけでメリットはないかも。
そういう人は記録サイズをMやSに設定すればいい。

操作性に関しては細かな差は沢山ある。
背面液晶タッチパネル、AFゾーン変更用ボタンなど。
個人的に評価してるのは1DXのファームアップ後と同じようにAELの*ボタンでAFが可能になったこと。
AF-ONをワンショット、*をAIサーボにしておけば静物にも動体にも瞬時に対応できる。
AIフォーカスも同じことなのだけど、カメラ任せより分離させて人が選ぶほうがより正確になる。
サブ電子ダイヤルの上にあるAFゾーン変更ボタンはダイレクトに設定。
これは要らないと思ってたけど、あると便利だった。
今までM-fnを押すのが面倒でAFゾーン変更しない場面が多かったけど、これからは頻繁に変更していける。
価格も1DXⅡに近づいたけど、機能も同じように近づいた感じがする。

5D4を購入する決定打になったWi-Fi機能の搭載だけど、期待しすぎた面がある。
5段階評価で3~4ぐらい。
やりたい事はとりあえず出来るのだけど、1DXの外付けWFTと比べて省電力モードが無かったり設定保存数が3つ(1DXⅡは40個)だったり、電波強度が弱かったりと想像以上の劣化版だった。
(WFTserverモードがないのはCanonCameraConnectで代用できるので問題なし)
だけどこれが有るのと無いのとでは0か100かの違いで、もし内蔵されてなかったら絶対と言って良いぐらい購入してない。

このWi-Fi内蔵にはFTPサーバーモードが有るのが大きい。
スタジオならIISを立てたPCへワイヤレスで即時転送出来るし、ロケでもFTPサーバーを立てたAndroid端末へ即時転送できる。
すぐにタブレットの大きな画面で閲覧できLINEなどで転送できるだけでなく、ボディ内のCFとSDに加えタブレット内の合計3つにデータが保存されるから、もしボディ内のデータが破損したとしてもタブレット内のデータは残る。
取り直しの出来ない撮影をしてるフォトグラファーにとってこんな頼もしい事はない。
タブレットでクラウドを設定してたらカメラから飛んできたデータを指定した複数のクラウドへ自動アップロードも出来るから、ここまで来るともう何があってもデータは消えない。

下位モデルの内蔵Wi-Fiでは、こういう事は出来ない。
これがFTP搭載にこだわった理由。
邪魔になるけど1DXⅡにはWFTをつけっぱなしにしてる。

画質はどうなんだろう、1DXⅡと同じ感じ。

マニュアルはPDFで読む派だけど、5D4のマニュアルは全部で800ページぐらいあった。
ほぼ全部読んだけど疲れた。
カメラがデジタルになって電子機器化したせいで機能増えすぎ。

EF24-105mmF4L IS Ⅱ USMについては酷評が多かったけど、個人的な感想を言わせてもらったら買って損した。
最近のEFレンズの傾向からもっと解像力が高いと思ってたけど前モデルよりモヤモヤした写り。
周辺減光や歪曲収差は抑えられてて、周辺解像度は上がってるけど中心がダメダメ。
EF24-70mmF4L IS USMもF2.8LⅡに比べたらモヤモヤだけど、24-105は輪をかけてモヤモヤ。
絞っても全然ダメ。
便利ズームは便利ズームでしか無いって感じ。
動画でFHDぐらいならその辺は認識できないから、動画用レンズとしては良いかな。

5D4のレンズキットになってるけど、これじゃ5D4のCMOS性能を全然活かせなくて残念レンズだった。

1483869511606.jpg

CanonCameraConnectを使うならSHARP AQUOSがお奨め

他社の端末にも同じ機能があるかもしれないけど、とりあえず知ってる中ではAQUOSだけ。
上の説明にある通り、Wi-FiとLTEを同時に接続して通信できるから速い。
ただ、Wi-Fiに繋いでてもLTEでも繋がるからパケットを消費と言うか浪費するから少ないパケットプランの人は注意が必要かも。

聡明な人ならこれだけで気付くだろうけどCameraConnectでAndroid端末と接続する場合は普通Wi-Fiをカメラとの接続で専有されてしまって端末はネットに接続する事ができなくなる。
よってメールやLINEの着信は出来ない。
それがデュアルスピードモード搭載のAQUOSを使えばWi-Fiでカメラと接続してLTEでネットに同時に繋ぐという事が可能。
AQUOSには当然NFCもあるので、EOS 5DmarkIVや最近のESOの場合カメラボディの側面にNFCを合わせるだけで接続が出来る。

iOS
・NFC搭載しててもNFC接続出来ない
・カメラと通信中はネット切断される
・FTP転送出来ない

AQUOS以外のAndroid
・NFC搭載機種はNFC接続出来る
・カメラと通信中はネット切断される
・FTP転送出来る

AQUOS
・NFC接続出来る
・カメラと通信中もネット接続出来る
・FTP転送出来る

個人的にはNFCとかデュアルスピードモードよりもFTP転送できるか否かが最も重要でAndroidしか選択肢はないのだけど、NFCで接続できて接続中もLINEの送受信が出来る事はかなり有利。

clip_now_20170107_220703.png

アプリ仕様履歴キー

これAQUOSのみの機能かもしれないけど、アプリ履歴キーを押して一括削除が出来ないとめんどくさい。
便利機能→アプリ使用履歴キー→クイックランチャーにするとそれが可能になる。
修理から戻ってきた端末がアプリ使用履歴になってて、この項目を探すのに苦労した。

clip_now_20170107_220313.png

DM-01Hが帰ってきた。

裏蓋浮きで修理に出してたDM-01Hが帰ってきた。
サイドケースの破損を確認したらしい。
で、サイドケース交換。
リアカバー?は交換されてないけど、フロントは新品になってるから交換してるっぽい。
ついでにバッテリーも交換されてるっぽい。
費用は5,000円に消費税で5,400円。
1年経ってないから保証でなおると思ってたけど甘かった。

unnamed.png

Share Link ? ファイル転送

Share Link ? ファイル転送

iOSにはAirDropという機能がOS自体にあって、近くの端末同士でファイルのやり取りが出来る。
Bluetoothで接続を確立してWi-Fiでファイル転送をする仕組み。

Androidはアンドロイドビームがあって、NFCを近づける事でファイルの送受信は出来るけどちょっと不便。
でもアプリがアレば解決できる。
そこでお薦めなのがShare Link。
他にも似たようなアプリがあるかもしれないけど知らない。

Share Linkはテザリングを利用してWi-Fiで直接ファイル転送をする仕組みなのでiOSのAirDrop同様パケットは発生しないので大容量のファイルでも通信速度制限になることを気にせずに利用できる。

一眼レフからFTPで端末へ転送したデータをLINEなどで送信することも出来るけど、相手の端末がAndroidならShare Link等のインターネットを介さず直接通信できるアプリを使う方が良いかもしれない。