Wacom プロペン KP-503E

Wacom プロペン KP-503E

intuos3からペンタブレットを使い始めて、今メインで使ってるのはintuos4 PTK-840で、スタジオはintuos5 PTK-640
メインのペンタブはもう何年使ってるかわからないぐらい。
ペンのサイドスイッチ右クリックの反応が悪くなったので、買い換えようと検索してたらプロペンという少し上位モデルっぽいのがあったのでこれを選択。
ペンは経年劣化で筆圧検知が鈍くなると所々に書いてあったけど、新しいペンを試したら細い線の書き味が全然違ってビックリ。
絵を描くわけじゃないので筆圧はそんなに重要じゃないけど、これだけ細い線をスラスラ書けるのは面白い。
(すぐ飽きるけど)

標準ペンとほぼ同じ形状とサイズだから、スタンドはそのまま流用できる。

EF70-200mm F4L IS USM モデル ポートレート スタジオ撮影

EF70-200mm F4L IS USM

EF70-200mm F4L IS USM

定番70-200F4レンズ

EF24-105mm F4L IS Ⅱ USMを買ったのは良いけど1年で2~3回しか使わなくて、眠らせておいても仕方ないので下取りに出して使う可能性がある70-200F4に替えてきた。

最近70-200F2.8LⅡの調子が悪く右側が片ボケするなーと思ってて、修理に出したらマウントが歪んでたらしい。
そりゃー片ボケもするね。
で、ISも不審だったのでついでにユニット交換してもらって修理代約3万円也。

比較サイトだと70-200はF2.8Ⅱを一段絞ってF4にしたより、F4LISの開放のほうが解像力がある感じだけど、実際に買って使ってみたらF4LISの開放は少し芯がない感じ。
やっぱりF2.8の方が良いけど、F4の軽さも捨てがたい。
最近は24-70もF2.8ではなくF4LISをよく使ってる。

CobaltBlue3

CobaltBlue3 - Google Play の Android アプリ

XperiaXZ1CompactとデリカD:5のMMCSをBluetoothのDUNで繋ぐためのアプリ。
FOXFIで良いと思ってたけどCobaltBlue3の方がスマートフォンを再起動しても自動でONになるし、DUNプロファイルを使うためだけに存在するので良かった。

XperiaXZ1Compactは、やっと慣れてきた。
グリップマジックがないのはやっぱり不便だけど。
あと、エモパーが居ないのもつまらない。

Xperia XZ1 Compact SO-02K

Xperia XZ1 Compact SO-02K

Xperia XZ1 Compact SO-02K

SHARPのディズニーモバイルDM-01Hから機種変更。
DM-01Hの不満点はROMが少なすぎること。
動作が遅いこと。

機種変更に当たっての選択肢
iPhone ナシ 最もナシ
海外製 ナシ ASUSがdocomoから発売されたら選択肢に入るけど
FUJITU ナシ コンパクトがない
SHARP ナシ コンパクトがAUとSBからしか発売されない
SONY 選びたくないメーカーだったけど、docomoの現行Compactモデルがこれだけしかなくなってしまった。

というわけで仕方なく初Xperia
エモパーが無くなるのが残念。
BluetoothでDUNプロファイルが無くなるからFOXFIを入れる。
やっと念願のUSB Type-C
差し込みが下部だからドックを使う予定。
車のスマートフォンスタンドもドックにしてみる。
DM-01HのROM16GB→32GBになるからGooglePhotosを使えるようになるかな。

またdocomoからSHARPのCompactモデルが発売されたら戻る予定。

TGS MITSUBISHI ビレット イグニッション スイッチ [シルバー] TGS-IG401-SL

TGS MITSUBISHI ビレット イグニッション スイッチ [シルバー] TGS-IG401-SL

TGS MITSUBISHI ビレット イグニッション スイッチ [シルバー] TGS-IG401-SL

エンジンスターターでエンジンをかけたデリカD:5は、メカニカルキーを挿して回さないとハンドルロックが解除出来ないのです。
配線をいじったり何とかしてメカニカルキーを使わずにイグニッションを回す方法が無いかと模索してるけど、まだ見つからない。

そういうわけで、スイッチを外すことが多いのです。
なので交換してみた。

別に交換しなくても良いけどなんとなく。

アルミだから寒い地域の人は、冷たくて大変かも。

福岡だと今のところ大丈夫。