t_i03.jpg

TVキット

デリカD:5 D-premiumはカーナビレスが選択できないどころかナビ自体も選べず強制的に三菱電機製のMMCSが取り付けられる。
現在の型番はJ-13

ナビの不評は知ってて妥協した部分だったけど、1年使ってみて妥協できるレベルではないぐらいの不出来なナビだった。

カーナビとしての性能も勿論良くない。
長くCarrozzeriaのサイバーナビを使ってきたから余計にそう思うのかもしれない。
カーナビの重要な基本性能として案内のわかりやすさと、効率の良いルート選択だと思うけど、そのどちらも良くない上にマップ画面自体もとても見やすいものではない。
MMSCは10年遅れと言われてるけど、マップ画面自体はまさにその通り。

致命的欠陥と思えるのはSDナビでありながらユーザースロットに挿したSD内の動画が再生できない。どんなファイル形式でも。
そもそもSDの動画を再生する機能が無い。
自分が好きな動画を再生したければDVDに焼くか、iPodに入れて繋がなければならない。
以前使ってたサイバーナビはHDDモデルだったので、PCからHDDに移した動画を常に再生してた。

MMCSに限った話ではなく最近の純正ナビは殆どらしいけど、パーキング線をGNDに落としても映像は見ることが出来ない。
GPS情報と車速パルスを読み込んで車が動き出したら映像を消すシステムらしい。
(停車中は停車信号?を送ってるという情報もあるけど信憑性はどうだろう)

そこで

TVキット

の出番。
パーキング線をGNDに落とすだけで良い社外ナビや、過去の純正ナビに準備されてたTVキットはただのボッタクリ製品でしか無い。
だけど、今の純正ナビに限ってはこのTVキットを使うか、GPS線と車速パルス線を自分で見つけてスイッチオンオフするシステムがないと走行中に映像が表示出来ない。

映像だけに関して言えば外部モニタを取り付ける事で解決出来る。
ルームミラーモニターを取り付けて外部出力に繋いでるので、走行中に映像が見られなくなるという事は無いのだけど、それだけじゃなくて走行中は色々な設定がグレーアウトしてかなりの制限がかかる。
例えば走行中に助手席から目的地を設定てもらおうと思ってもボタンがグレーアウトして操作を受け付けない。
高速道路走行中に目的地を変更しようと思ったってSAで止まらないと操作できないという何とも無能な仕様。
音楽再生中にミュージックサーバーのアルバムを選ぼうにもこれもグレーアウトしてTUNEダイヤルで一つずつ動かすしか出来ず曲のダイレクト選択は出来ない。

そろそろ我慢できなくなってきたのでTVキットを取り付けようと思ってる。

0.jpg

サロニア?ストレート&カールアイロン(カール32mm) SL-002ABL (ブリージーブルー)

サロニア?ストレート&カールアイロン(カール32mm) SL-002ABL (ブリージーブルー)

車に常備しておくためのアイロン。
楽天で売り切れてるから、あちこちで高い金額で転売されてる。
だいたい+1,000円~+7,000円ぐらい。

でもコジマネットで定価で売られてるのを見つけた。
送料無料 ポイント10%

この限定色はさわやかで好み。

サロニアのアイロンはこれで5本目。
自分用はADST DS

先日バッ直で取付けた400Wの正弦波インバーターで使えるのを確認済み。

62046.jpg

33,333km

380日で33,333km

33,333/380=87.7

1日平均87.7km

タクシー並だね
トラックだともっともっと多い

4月5月頃は100km/日を超えてたけど、6月ぐらいから走行距離が減って87.7km/日に落ち着いた。

このペースだと3年経たずに10万キロを超えてしまう。

MMCSのOpenInfo

デリカD:5のMMCSでOpenInfoを使うにはBluetoothのDUNプロファイルに対応した端末が要る。
幸い愛用してるAQUOSは未だにDUNプロファイル対応なので問題ない。

OpenInfoのプロバイダ設定でDocomoを選ぶと通信できないのでSonfBankにしてたけど、Docomoを選んでも通信できる設定があった。

Docomoを選んでプロバイダ設定の詳細設定で、電話番号の3を1に書き換えるだけ。

DocomoなのにSoftBankを選んでるのが嫌だったけど、やっと開放された。

DUNプロファイルに対応してない端末の人は何かアプリを使うと良いらしい。(知らんけど)

1787-1.jpg

3WAY 正弦波インバーター 400W

3WAY 正弦波インバーター 400W

社内でヘアアイロンを使うために、D:5の納車時期と同じぐらいに購入してたのに1年経った今頃やっと取付けた。

ヘアアイロンを使う目的は、ロケで被写体のヘアチェンジがあるから。

DC12V→AC100Vのインバーターはずっと前から持ってたけど、アイロンはメーカーによって正弦波でしか動かないので買い替えておいた。
テストした中で矩形波だとダメなのはヴィダルで、モッズは矩形波でもOKだった。
今回取付けたインバーターではヴィダルでもOK

3WAY 正弦波インバーター 400Wは何が3WAYかというと、出力がAC100V シガーソケット USBの3つで3WAY
シガーソケットとUSBは別に要らない。

入力は2タイプでシガーソケットとバッ直が可能で、高電力を使う機器の場合はバッ直しないといけない。
シガーソケット用のケーブルと、バッ直用のケーブルが同梱されてるけど、バッ直用のケーブルはワニ口なので使う時にその都度ボンネットを開けて繋がなければならないのが面倒。

という事で常時バッ直状態で設置しようと思いつつ中々行動できずに1年が経った。

準備したのは
5sq 5mの40Aヒューズ付き赤ケーブル
5sq 2mの黒ケーブル
30Aの4極リレー
スイッチホールに取り付け出来るスイッチ。

スイッチでリレーを動かしてインバーターに電力を送る構成。

プラス電源はバッテリー直結で、マイナスは車体アースにした。
配線は、バッテリー 左フェンダー 助手席足元の順。
アースも助手席の足元。
インバーター自体は助手席の下に丁度いい感じで収まった。

これでやっとボンネットを開けてケーブルを繋ぐ必要がなくなった。

ついでにこれも納車の頃から考えてたんだけど、ルームミラーモニターにバックカメラ映像を常時映す事。
最初からついてるMMCSのバックカメラから分岐して常時表示させるのは難易度が高すぎて断念して別カメラ。
内張り剥がしたり、後ろから前まで配線するのが面倒で先送りになってたので、同時に決行。
バックカメラの設置場所はハイマウントストップランプの下に両面テープ+ビス。
電源はリアのアクセサリーソケット裏から。
映像のケーブルは妥協してマット下で配線。

トラック歴があるので、別にルームミラーがなくても運転に対した支障はないけど、ロケで荷物満載でもこれで後方確認が容易になった。

D:5は、あと15kmぐらいで33,333キロ
我ながら走りすぎ。