IMG063.jpg

手ぶれ

周りで勘違いしてる人が多いんだけど、フルサイズ3600万画素だろうが1200万画素だろうが、撮像素子の大きさが同じならブレも同じ。
目の前の数字だけ見て3600万画素が物凄い撮像素子の様に錯覚してる人が居るけど、APS-Cサイズに切り抜いたらたったの1600万画素。
上の写真を撮ったEOS Mは約1700万画素で、フルサイズに広げたら約4352万画素になるからフルサイズ3600万画素の撮像素子より1つのピクセルは小さい。
許容錯乱円の径を0.035mm(観賞サイズ:L判プリント程度)としてフルサイズの手ブレ目安は、シャッター速度 1/焦点距離。
CANONのAPS-Cならシャッター速度 1/(焦点距離x1.6)、その他のAPS-Cなら1/(焦点距離x1.5)
これは画素数に依存しない。

等倍観賞前提なら、許容錯乱円の径をそれぞれの撮像素子の1ピクセルにしたら良いんじゃない?
等倍観賞に於いての手ブレを議論するのが悪いとは別に思わないけど、観賞サイズを同じにする前提で考えないとあんまり有意義では無いよね。

関連エントリー