ボランティアしたい

ネットで見つけた
ありがちなコピペなんだろうけど

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった
 だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で俺の絵を描いて、アルバムにしてた
絵は上手じゃない
 ただ、どうにかして形に残したかったらしい
 ほぼ毎日、赤ん坊の俺を一生懸命描いてた
絵の隣に『キゲンが悪いのかな??』とか『すやすや眠ってます?』ってコメント付きで
小学四年生の時、家に遊びに来た友達数人に、そのアルバムを発見された
 めちゃくちゃ笑われて、貧乏を馬鹿にされた
友達が帰って直ぐ、俺はアルバム三冊をバラバラに破いてゴミ箱に捨てた
 パートから帰って来た母さんがそれを見つけて、泣きだした
破いた理由を言っても、変わらず泣き続けた
翌朝起きると、居間で母さんがゴミ箱から絵の破片を集めてセロハンテープでとめてた
「恥ずかしい思いさせてごめんね。でもね、これ、母さんの宝物なんよ」
 申し訳なさそうに優しくそう言われると、涙が溢れ、俺はごめんなさいと謝った

これを読んで写真のボランティアをしたくなった。
しかし今は誰でも携帯で写真が撮れる時代。

関連エントリー