gfn222-2.jpg

6年の進化

ISO200 SS1/40 F2.8

6年前は、当時基準ではノイズレスだったEOS 5Dでも今と比べたらノイズは多い。
ソフトによるノイズリダクションも今ほどは高性能でなかったというのもある。

ISOを無理に上げてシャッター速度を稼ぐより、低ISO・低シャッター速度で、ブレ量産覚悟でノイズレスを狙った当時の判断。

今ならISO800 SS1/160 F2.8なんて余裕で使える。
デジタル一眼レフは、更にこれから6年後はどんな進化を遂げてるんだろう。

ライティングはサイドからキノフロ一灯のみ。

関連エントリー