「領収証」等に係る印紙税の非課税範囲が拡大されました

事業者の皆様が作成する領収証やレシートなどの「金銭又は有価証券の受取書」に係る印紙税については、平成26年4月1日以降に受取金額が5万円未満のものについて非課税となります(現在は、記載された金額が3万円未満のものが非課税です。)。

平成26年4月1日以降、領収証等を作成する際には、受取金額を確認の上、納付する印紙税額に誤りのないようご注意ください。

下請けでの撮影のギャラは1件3万円を超えるけど5万円を超える事はあまりなくて、収入印紙をよく貼り付けてたけど、この改正のおかげで手間と出費がだいぶ省けそう。

国税庁

関連エントリー