FILE0095.jpg

デジタルの露出設定(RAW現像前提)

人物撮りで標準露出を出すための基本は、被写体が女性の場合、頬をスポット測光で肌の色に合わせて+1前後の露出補正をかける。
まぁこれは教科書通り。

だけど、RAW現像前提の露出設定はこんな事しなくていい。
フレームの中で飛んでも良い所は飛ばし、飛ばしたくないハイライトをヒストグラムが右端から少しはみ出るくらいの所までで抑えて出来る限り明るく撮る。
シャドウ側は気にしなくて良い。

コレが最も良質なデータが得られる方法。

関連エントリー