x-ray.png

Eye-Fi Pro X2が販売終了していた

Eye-Fiの中ってこんな風になってたんだねぇ。

Eye-Fi Pro X2

Eye-Fi Pro X2はRAW転送が出来る唯一のWi-Fi内蔵SDカードだった。
ハイエンドモデルが好きだからEye-FiすらもPro X2を選んでたけど、RAW転送は全く使わない。
JPEG Mの100枚200MB程度の転送でも13分もかかるSDカードなのにRAW転送は実用性がなさすぎる。
JPEG転送はリアルタイムだからすぐに大画面でチェックできる便利さがあるとして、RAWはファイルサイズが大きいから時間がかかるのと、それによる転送エラーが頻発する。
それだったらなおさらRAW転送はカードリーダーを使った方がいい。

局所的にSDカードからRAW転送出来る優位な場面も想定出来るけど、99%必要ないかな。
6DのRAW転送も全く使わない。
端末側でRAW表示が出来たとしても記録はRAW+JPEGでJPEGのみ転送の方が実用的。
RAWはワイヤレスファイルトランスミッター(1DXならルーターも)、かカードリーダーを使って転送しないとファイルサイズが大きいから遅すぎだな。

関連エントリー