1DX_0459.jpg

RAWの露出決定

RAWの露出決定については過去にも何度か書いたけど、JPEGとは根本的に考え方が違う。
いや、別にJEPGで同じでも良いし、殆どの人がそうしてるんだけどね。
JPEGで露出失敗した時の保険的にRAWでも撮っておくとか。

でもそれじゃセンサーの性能を活かすRAWの使い方にはならない。

JPEGは撮った時点で露出を完成させるべき。
センサーの性能を最大限に活かすには、RAWは撮った時点ではセンサーの限界を超えない範囲の露出オーバーにするべき。

何故かと言うと、JPEGは撮影後に露出補正をすると上げても下げても劣化する。
だけどRAWの場合はダイナミックレンジに収まって居れば下げる分は劣化しない。
中間調やハイライトは良いんだけど、シャドー域が少ない光の信号で記録されてると補正範囲が狭くなるし、S/N比でノイズ成分が多くなる。

撮影時にはヒストグラムの表示が必須。
記録サイズをRAWにしててもヒストグラムはサムネイルのJPEGが表示されるから、ハイライト側が少し飛んでる感じぐらいがRAWを最大限に活かす露出決定になる。

またいつかACRの編集画面のSSを撮って説明してみるかな。

関連エントリー