key-android.jpg

Canon Camera Connectが新しくなった。

Camera Connect (for Android?)

CanonCameraConnectってアプリは、スマートフォンをEOSに接続してメモリカード内の写真を見たり、リモートで操作する為のアプリ。

それがバージョンアップしたわけです。
普通のバージョンアップだったらわざわざエントリーしないのだけど、今回は凄く親切丁寧な接続サポートが追加された。
FlashAirにしてもEye-Fiにしてもネットワークに関して理解がない人にはとても簡単とは言えない接続方法が必要。
特にEye-Fiカードで一番安定した接続が出来る、AndroidでテザリングしてアクセスポイントにしてEye-Fiを接続するという方法はネットワーク初心者にはわけわからん状態なはず。

それがここまで来たかというぐらい接続が簡単になった。
EOS5DmarkIVにはNFCが搭載されたからAndroidの背中とカメラの側面を近付けて待つだけで接続されてしまう。
下位機種も2つぐらいNFC搭載機種があるみたい。
フィルムの頃からは想像もできないぐらい未来の世界にいっちゃってる。
まぁ携帯電話にカメラがついた時点で、自分の目の前の景色を数秒後に地球の裏の人にでも見せられるという事は実現してたわけだけど、一眼レフで撮った写真までもが誰でも手軽にそれが出来るようになった。

ちなみにiPhoneの人は最新モデルでもNFCが対応してないから少し面倒。
なんか得意気にiOSを使ってる人が多いけど、Androidに比べたら5年ぐらい遅れてるのがiOS。
iOSは何も出来ないOSと言って良いぐらいAndroidに劣ってる。
写真をやってて最先端の技術を使いたかったら即刻Androidにするべき。

EOS5DmarkⅣやEOS1DXmarkⅡ+WFT-E8B(WFT-E6B)で写真をFTP転送する場合もiOSでは端末からボディへ接続して転送するしか出来ないから接続が不安定で、Androidの場合のような運用は出来ないのです。
Androidは前エントリーで書いた様に、端末とボディの設定を済ませて家を出たら撮影中に意識すること無くどんどん転送される。
端末を車の中に置き忘れたって数十メートル以内で撮影するなら転送され続ける。
この世界ではiOSの出る幕なし。

話がそれた。
CameraConnectが便利になったと言っても、結局一台しか接続できないので前エントリーで書いた通り複数台のボディで撮影するならFTP転送じゃないと効率は悪い。
だから使うとしてもネタにするぐらい。
ボディ1台でしか撮影しない人には良いと思うよ。

関連エントリー