EOS R専用 バッテリーグリップ BG-E22

EOS R専用バッテリーグリップ BG-E22

EOS R専用バッテリーグリップ BG-E22

EOS Rを購入する前はバッテリーグリップは要らないと思ってたけど、ボディが小さいからグリップが無いとめちゃくちゃ使いづらい。
価格は3万円前後でけっこう高い。
開封するまで知らなかったけど、5V3A-9V3A USB Type-Cの充電器つき。
違法抱き合わせ販売的な要らないセット。
いやほんとこんなの付けなくて良いから値段を下げて欲しい。

今まではバッテリー室内に通信端子がついてたけど、このグリップはボディ底面ある端子で通信する設計になってる。
単3のマガジンは今までも使ってなかったから要らないけど、BG-E22は最初から設定なし。
ボディに合わせて小さく作ったから単3が8本入るようには出来なかったのかな。
あとは、ボディにないシンクロ端子がグリップについてる。
スタジオの大型ストロボでもワイヤスで発光させるからシンクロ端子は要らないけど使わなければ良いだけ。
ボディのAF-ONボタンは位置が絶望的に悪いけど、グリップの方は押しやすい場所にある。
これは良いように感じるけど縦と横で位置がぜんぜん違うのは逆に押しにくい。

EOS Rはボディだけで良いと思ってたけどBG-E22、WFT-E7Bが結局必要だった。

関連エントリー