EOS R+FlashAir+FADownloader

EOS RのWi-Fiは6Dクラス以下の廉価モデルと同じでFTP機能は無い。
(1DX2もWFT-E8をつけないとFTP転送出来ないけど) CameraConnectを使って端末1台とカメラ1台をつないでデータ転送をする事はかなり簡単になった。 カメラを複数台同時に使う人と1台しか使わない人の絶対数は後者が圧倒的に多いだろうからほとんどの人にとってこれで問題ない。

現状ではCameraConnectは1台としか繋がらないから、問題になるのは複数台のカメラで撮影してデータを随時転送したい人。

これを実現するためにはEOS 5DmarkⅣ以外の場合は対応するワイヤレスファイルトランスミッターが台数分必要なんだけど、このワイヤレスファイルトランスミッターは1つが7万~9万円ぐらいするので高い。
現行のEOSの中でFTP転送機能があるのはEOS 5DmarkⅣのみ。

FlashAirでこのワイヤレスファイルトランスミッターのような運用が出来ないか試してみた。

テザリング中のAndroidにFlashAirを繋ぐにはSTAモードにする必要がある。
これはFlashAirの中にあるファイルを書き換える事で実現できる。
次にAndroidの方にはFADownloaderを入れる。これをしないと自動転送はされない。
一応接続的にはWFTのように撮影時自動転送が出来るのだけど、不安定なのとFADownloaderがスキャンの度にSDカード内を全参照するので時間がかかるし、転送されないことも多々ある。
1DX2+WFTの運用に慣れてるとFlashAirはストレスが多いし撮影がスムーズにいかない。

結局WFTのような運用がしたければグリップぐらいの大きさのWFTを使うしか無い。
やはり1DX2というカメラは優れてるんだと改めて感じさせられる。

関連エントリー