キャノンってカスな会社だなぁと思った話

WFT-E7Bの電源が入らなくなったのでキャノンカスタマーサービスに修理の出し方を聞いたら
梱包して、見積もり希望の有無などをメモって大分に自分で送れ
という事だったので送ってみたら
■WFT-E7Bは修理対応は行っていない
■交換対応のみで57,000円
とのこと。
送料は自己負担。

自社が開発販売してる製品(80,000円)が壊れてるのに、原因を調べないどころか開けもしない。

修理対応を行ってないなら問い合わせの電話の時点でそう言えよ。
既に新しいWFT-E7Bを購入してるので送料だけが無駄になった。

戻ってきたら自分で分解修理を試みるけど。

今からEOS Rを購入してなんとかFTP転送をしようと思ってる人は絶対お奨めしない。
SONYを買った方が良い。

関連エントリー