VTIN ジャンプスターター 1200A

VTIN ジャンプスターター 1200A

2つめのジャンプスターター購入。

以前はRAVPowerのだったけど、今このメーカーはジャンプスターターを作ってないみたい。

VTIN ジャンプスターター 1200Aのスペックは
スタート300A ピーク1,200A
ガソリン8L ディーゼル6L 対応
バッテリー容量 不明
入力 USB Type-C 5V/3A
って感じ。
出力もUSB Type-C、QC3、急速と3ポートあるけど多分使わない。
出力ポートは無いよりあった方が良いけど、RAVPowerでは一度も使わなかったので無くていい。

これを選んだ決めてはズバリ!VTINというメーカーだったからという意味不明な理由。
もうね、ジャンプスターターは種類が多すぎてわけわからん。
レビューを見てもサクラだらけで参考にならん。
で、デリカのエンジンに対応してて、出来たら入力がUSB Type-Cだったら良いなぐらいの基準。
実際届いたものは作りも良い感じ。

RAVPowerの方は購入から3年半ほど経つので14,000mAhのうち9,000mAhぐらいしか充電出来なくなってたし、満充電してもすぐに残量ランプが3/4~2/4に減ってたので買い替え時だった。

ジャンプスターターは強力なお守りだけど、3年半のうちで使ったのは4回ぐらいだったかな。
その中で一度は24V仕様の3tトラック。
12Vのジャンプスターターが24V仕様のトラックに対応できるかをネットで散々調べたけど情報が無い。
まぁ電気系に少しでも知識がある人ならトラックが12Vバッテリを2つ直列接続で24Vを実現してるから、その1つのバッテリーにジャンプスターターを並列で繋げば良いってわかるけど、そういう情報が何処にもない。
ギリギリあがったばかりの3tトラックぐらいなら12Vジャンプスターター1台で大丈夫。
バッテリーが完全にあがったトラックに繋いだ時は少しセルが回るだけで始動までは至らなかった。
しかもケーブルが溶けてあぶなかった。
この場合もきっと2台のジャンプスターターでトラックの2つのバッテリーそれぞれに接続すれば多分大丈夫。
10tトラックのセルは流石に無理だろうけど、4tトラックのセルぐらいだったら1,000Aのジャンプスターター2台でたぶん大丈夫。

関連エントリー