img_index_kv.jpg

AQUOS sense3 SH-M12 SIMフリー

AQUOS sense3 SH-M12 SIMフリー

Felica+DSDAの端末は現時点でこのSHARP SH-M12とOPPO Reno Aしかない。(たぶん)
できるだけ小さい方が良いのでSH-M12を選んだ。

DSDAの端末で手持ちにXIAOMI MI MAX3があったので事前にSIM2枚を入れて、1つを固定電話転送先に設定していろいろ試した。
転送元番号は表示されるのか?SIMごとに着信音の変更は出来るのか?どちらのSIMで着信してるか区別つくのか?
どちらもOK。ということでDSDAのSH-M12を購入。

届いて早速試したら残念なことに上記3つともNG。絶望。
SH-M12はSIMごとに着信画面の色が変えられるのでスリープ状態で着信があると、画面の色でどちらのSIMに着信してるかわかるけど、スリープ解除状態では発信元番号が出来るだけなので判別できない。
転送元番号も表示されないので、転送なのか直なのかも判別できない。
とても残念な仕様だった。
電話アプリで着信履歴を見るとどちらのSIMで着信したかわかるので、それは良かった。

Socが違うから当然AQUOS R3と比べたら動作が鈍い。かなり鈍い。
サイズ感は軽くて小さいけど、希望はもっと小さいほうが良い。
選択肢がこれしか無いから使っていくけど、満足度は50%以下。

XperiaXZ2CompactのSIMフリー版にFeliCaがあればDSDAだしかなり理想的なモデルだったけど、残念ながらFeliCaを排除されてるそうで断念。

SH-M12の不満点のもう一つはROMが64GBということ。
SDカードの内部ストレージ化も出来なくはないけど、実用的ではない(やってみればわかる)
SIMトレーはSIM+SIMかSIM+SDの排他仕様だけどアダプタを使えばSIM+SD+SIMにできるのでそれはとりあえずOK

総評:これしか選択肢がないから仕方なくいいモデルが出るまで使う。

関連エントリー