nanoSIM MicroSD 魔改造 DSDV DSDA DSDS

nanoSIMの魔改造とやらに手を染めてしまった

AQUOS sense4 SH-M15
Xiaomi Mi max3
はDSDVだけどSIMスロット2がMicroSDと排他利用なのでSDを使う場合はSIMが一枚しか入らない仕様。

SIMカードアダプタともSIMカードエクステンダーとも言われるものを使うと不格好だけど手軽に2SIM+SDが実現できる。
というかZenFone Ultraの時から今まではずっとそれで対応してた。

でもやっぱり不格好だしケースなし運用がやりにくいので恐る恐る捨て身のダイブ覚悟で魔改造とやらをやってみた。
nanoSIMからチップだけを分離するのはわりと簡単。
SIMをペンチで挟んでライターで数秒炙ったらすぐ分離できた。
位置決めをしてSDにアロンアルファを垂らしてSIMを乗せて固定。
SDを少し削らないといけないという情報があって、裏面を削ったらすぐに金属部が露出。これはやばいかも。
表面を削ったら良いのかも知れないけど、もうそのままで入らないか試行。
Mi max3の方はそこそこすんなり入ったけど、SH-M15の方は何度か出し入れしながらなんとか成功って感じ。

今回、LINEモバイルが契約変更でSIMも変更になって空SIMがあったからそれでテストして本命の改造をやったけど、それでもヒヤヒヤ。
SIM2のOCNは解約時にSIM返却制だから、解約時どうしよう。 ホントはそんな事あんまり気にしてないけど。
アロンアルファで固定してしまったからSIMを替えたい時はSDごと替えないといけないかも。
カッターで剥ぎ取って付け替える事も出来るけどSDごと替えたほうがたぶん楽。

まぁ成功して良かったけどアダプタの方がおすすめ。

関連エントリー