iPadに写真転送中

ファイル 376-1.jpg記事はあとで書く

・・・と言いながら丸一日程過ぎてしまった。

iPadに転送しているのは先日DLした野村先生の26800枚の写真。
そのままだと24GBくらいあるから僕の戴き物の16GBiPadには入らない。
とりあえずACRでフルピクセルのまま画質8で書き出したら9GBくらいになった。
今使ってるPCはCore2Quad9650 8GBメモリ Windows7 64bitなんだけど、このスペックでもJPEG27000枚を一度に処理するのは非常に無理がある。
Lightroom3で長辺1500px 300KB制限で同じように全部書き出してみたけど、9GBくらいになった。
で、iPadへの転送なんだけど、一度に同期する場合はiPadの容量(SSD?)の半分までしか転送出来ない。
使い方が悪いのか何だかわけがわからないけど、どうしてもそうなる。
だから少しずつ同期していかないと全部入らない。
しかも12GB空きがあるのに9GBを転送したら空きが1GB以下になる。
iPadは簡単な引き算も苦手らしい。

元々はMacもsoftbankも縁が無いから“iPadいらね”と思ってたけど、戴いて使ってみたら液晶が大きいし割と気軽に持ち運びできるから野村先生の写真を入れて何処でも勉強出来るという使い方は良いかも。
自分の写真も入れてたらBook代わりになるしね。

と、最初は思ったけど、これは別にノートPCでも同じ事が出来るし、アプリは要らない。
ゲームなんてする暇があったらライティングの勉強をした方が良い。
一瞬64GBを買ってしまおうと思ったりもしたけど、やっぱりiPadいらね。

巷で話題になってるこれ
宮崎駿監督iPadについて「ぼくには、鉛筆と紙があればいい」と語る
深いなぁ。

“便利の代償は崩壊”

物が増えて便利になって、環境や人の心はどんどん崩れていく。

ま、物は何でも使う人によって人助けにも凶器にもなるから使う人次第だろうね。
便利だけど、こういう物に依存してしまうのは良くないと思う。

とりあえずのiPadの最大の欠陥はFlashが再生出来ない事かなぁ。
AdobeはMac嫌いなのかなw

全く関係ないけどこの人面白過ぎ。

関連エントリー