ペンタブが壊れたかと思った

diary2/20100814001530.jpg

今はintuos4のLargeを使ってるんだけど、急にタップの反応が悪くなってマルチブートのOSを変更しても同じで、別のPCに繋いでも同じで、タブレット本体が壊れたかと思ったらペンの芯を変えただけで完全になおった。
intuos3もかなり長い間使ってたけどこんな事はなくて、きっとLargeは移動面積が大きくなるからすり減るのが早くてこうなるんだと思った。
マウスの使用率がペンタブの1/10くらいペンタブ依存してるからペンタブが使えないのは辛い。 写真は今日の披露宴に来てた心美(ここみ)ちゃん。


今更だけど、なんで反応が悪くなったのかわからないと気分が悪いからペンタブの仕組みを調べてみた。

【タブレットに使われている電磁誘導方式とはどのような技術ですか。】 当社が世界で初めて電池レス・コードレスでの入力を実現したタブレットに使われている技術です。 [仕組み] タブレット(板面)の表面に作った磁界(電磁)の中を電子ペンが動くとペンに内蔵されたコイルに電気が流れます。次に、その電気を用いてペンの作る誘導信号をタブレットが受信します(誘導)。このプロセスを高速で繰り返すことにより、滑らかなペンの軌跡がタブレットに読み取られる仕組みです。また電子ペンは、筆圧、傾き、回転などを検知する機能により、線の強弱や色の濃淡を表現できるほか、消しゴム機能を用いることで描画の修正が簡単にできるのも大きな特長です。
関連エントリー