リニア画像に変換

20100912205535.jpg

今日撮影したデータをいつものようにDNGコンバータで変換しながら取り込んで、何気にBridgeでデータのファイルサイズを見てたら50MB弱もあって一瞬何が起こったのかわからなかった。
まさか埋め込みJPEG?いや、そこまで大きくなるはずはない。しかも埋め込みJPEGは入れない設定にしてるはず。
まさかTIFF?いや、拡張子はdngになってる。
DNGコンバータを確認したら"リニア画像に変換”にチェックが付いてる。
"リニア画像に変換”ってなんだ?と思って調べてみたらFOVEONとかに有効で、普通のベイヤーのデジタル一眼レフは意味が無いっぽい。
これを"RAW画像を保持”にして取り込みなおしてみたら前のように10MB前後になった。
いつから"リニア画像に変換”されてたのか確認したら、5月29日撮影分から既に1ファイル50MB前後になってた。
4ヶ月も気付かないなんて・・・。
この"リニア画像に変換”は逆は出来ないらしい。
設定した記憶は無いのに何で勝手に変わったんだろう・・。
50MBになってしまったRAWを捨てるわけにもいかないし、困ったもんだ。

関連エントリー