TSS-5000X

20100916174558.jpg

TSS-5000Xを注文してきた。
定価57,500円で、ネットで最安値を探しても42,000円くらいが限度だったのに、近所の釣り具のポイントで丁度40%OFFの安売りをしてたので34,500円で買えた。
ゴルフ用品や釣り具等の趣味の道具は利益率が高いから通常販売と安売りの時で大差がある事が多い。
予算約4万円で買える物で↓のRYOGA 1016Lと迷ったけど、リールは他に幾つもあるのでとりあえず釣った魚を美味しく食べられる為のクーラーを優先した。リールは次の機会に。

20100916174705.jpg

魚釣りは小学生の頃から好きで、フナ釣りから始まって地元近所の御笠川で鯉、ウナギ、雷魚釣り等をよくしていた。
高校生くらいからチヌ釣りを始めて、大人になってからもたまに行ってたけど、20代半ば~30代前半の頃は釣りから遠ざかっていて、船舶免許を取ったのをきっかけにまた釣り好きの熱が再燃した。
船で釣りをするようになって、魚の締め方(即死させる)も覚えた。
(即死させると死後硬直が遅れるなどで美味しく食べられるんです)
以前は釣った魚を氷を入れたクーラーの中に入れて、見えない所で魚は命が尽きていたけど、今は千枚通しで急所を刺したり、エラを切って血を抜いたりするから目の前で魚は即死する。
魚釣りを本格的にするようになって、一番良かったと思う点はここにある。
食べ物を粗末にするなとか、親に教えられてそう言うもんだと自然に考えるようになっているけど、その本意は多分理解出来て無かった。
それが生きてる魚を自分が直接手をかけて即死させる事で、人間は他の命をもらって食べる事で生きてるという事の本当の意味がわかった気がする。
自分の中で食べ物(特に魚)に対する敬意と、感謝の気持ちが格段に向上したのは大きなプラスになった思う。
人間は食物連鎖の頂点だけど、自然を利用して生きてるんじゃ無くて、自然に生かされている事を知るのはとても大事な事。

関連エントリー