基本なんか要らん

20101002200403.jpg

自他共に認める変わり者だけど、“習う”とか“基本”が嫌いなのです。
だから車の免許も船の免許もスクールに行かず一般試験で取得したし、写真も完全独学で、スノーボードもスクールを受けた事無い。
1から始めて、基本を習えば10出来るようになるのがすぐかもしれないけど、基本を作ったのは自分と同じ人間。 教えてくれる人も誰かに習ったのかもしれないけど、その元を辿れば誰にも習わず試行錯誤で基本を作った人が必ず居るわけ。それは1人じゃないかもしれないけど。
基本なんてきっと変化してるし、人それぞれの基本があっても良い。
基本を習って1からいきなり10に飛ぶより、自分で1から一つずつ試行錯誤して10に辿り着きたいと思うし、基本よりその過程の方が面白いし自分にとって重要。
最初の人もきっとそうしてきたはずだから。
何でも習えば簡単だけど、それじゃ自分で試行錯誤する力が養えないから、実際は上辺だけでたぶん力はあまりついてない。
写真においても僕が目標とする野村誠一先生は著書の中で誰のアシスタントにもつかず自分だけでやってきたと書いてある。
アシスタントに付くのがプロカメラマンへの近道とも書いてあるけどね。
僕は変わり者だから近道よりも自分で沢山の失敗を経験して試行錯誤して実力を付けて行く道の方が好きなのです。
人が作った基本なんか要らない。自分の基本は自分で作る。

なんてカッコイイ事言える程実力が伴ってたら良いんだけど、残念ながら・・・。
ヤッパリ基本が大事かも。笑

関連エントリー