・・・な写真

20101025103340.jpg

空気を切り取ったような、今にも動き出しそうな、体温を感じるような、手を伸ばしたら触れられそうな、心が通じ合った写真。それが一番の目標だった3年前。

かみむらさんの写真を見せて戴いてそんな事を思い出した。

世の中便利になって、ネットに繋がっていれば世界中の人の写真がすぐに見られる。
ただ流し見する程度の写真の方が遥かに多いけど、たまーーにハッとして息が止まりそうになって、しばらく見入ってしまう写真がある。
かみむらさんの写真がまさにそれ。

ポートレートという分野は、アイキャッチがどうとか、フレーミングがどうとか、首切り串刺しがどうとかこうとか、あーだこーだ理屈ばかりうるさい。
それも大事だけど、人の心が魅かれる写真は、心でシャッターを切ったもの。
・・・と理屈でしか写真を撮れない僕が講釈を垂れてみる。

最近は撮る分野がだいぶ変わってきて、忘れかけてた大切な事を思い出させてもらった。

[...]

関連エントリー