渋かった

20110206003633.jpg

65cmの真鯛を2枚と、25cmのチャリコを1枚の釣果。
活性が低くて当たりが少なかった。

今回のタックルはSALTIST X’treme Bay Jigging Super Metal Top STX-BJ-R 65B-MTにレオブリッツ150で、STX-EG792MLB-SVにTEAM DAIWA ZILLION PE LINE SPECIAL 100Hという組み合わせで、どちらも鯛ラバオンリー。
65cmの真鯛は2枚ともSTX-EG792MLB-SVの方。
STX-EG792MLB-SVはボートエギング用に買った竿だけど、定価が74800円もするだけあって感度が凄く良い。
鯛ラバロッドよりティップが硬いから向かないかもしれないけど、スカートをかじってるだけのような当たりもわかり易くて楽しいし、釣れる。
65cmくらいの真鯛ならやり取りも楽勝。

レオブリッツ150の方は、やっぱり電動でリーリングしてると小さな当たりはさっぱりわからない。だからあまり楽しくない。

たった数回の釣行で結論を出すのはまだまだ早いからもうしばらくテストを続けます。

関連エントリー