一生幸せになりたければ

一日幸せになりたければ酒を飲みなさい 
三日幸せになりたければ結婚しなさい
七日幸せになりたければ豚を殺して食べなさい
一生幸せになりたければ釣りをおぼえなさい

中国のことわざらしいけど、何ででしょうね。
深い意味があるかもしれんし、言葉の通りそのままかもしれん。
このことわざを作った人に聞かないとわかりませんね。

20110331222258.jpg 20110419221919.jpg

魚釣りは、あんなに毎週行ってたのに、最近は全然行って無い。
一度鯛ラバに行って1.3kgのタカバと鯛が数匹釣れて、アオリイカが釣れ出したと聞いて仕事終わって夜中に3時間くらい行ったら2.1kgが釣れた。
1kg前後か以下のアオリイカは凄く美味しいけど2.1kgは残念な味だった。
上手な料理の方法を知らないのもあるだろうけど。
とりあえず刺身も天ぷらもフライも残念な味。
釣りたいのはタカバ、ヒラメ、アオリイカ。
釣った事ある中で味はこの三つがTOP3。
タカバは刺身と鍋で、ヒラメはフライで、アオリイカは刺身と天ぷら。

なんかね、大きいのを釣りたいって思わないんですよ。
アオリイカも次に大きいのがかかったら自らバラそうと思ってる。
大きくて美味しくないのより、小さくて美味しいの釣った方が嬉しいやん?って思う。
10kgのブリやヒラマサなんかも釣っても捌くのが大変そうだから釣れても困るし。
鯛も大きくても2kgまでが美味しいうちに食べきれる量だから良いね。

引きを楽しむって言うのがどうもね。
楽しくないと言えば嘘になるけど、罪悪感が拭えないのです。
かかった相手(魚)は命がけで逃げてるんですからね。
だからゲームフィッシングという言葉に凄く嫌悪感。
食べる目的じゃなくて釣る事だけが目的のゲームフィッシング。
魚はただ傷付けられるだけ。

もしも釣った魚より店の魚の方が美味しかったら釣りしないかも。

他人はどうでも良いんですよ、基本的に他人のする事に興味なし。
自分は自分。他人は他人と割り切ってる方なんで。
だから他人がゲームフィッシングだろうが何だろうがどうでも良い。
ゲームフィッシングの人と一緒には釣りに行きたくないけどね。

自分が魚だったら食べられる為に釣られるなら食物連写だから運命と諦める。
生物は全て、形は違えどみんな必ず死ぬ。それが何十億年も変わらない自然の摂理だから。
でも食物連鎖の上の生き物に遊ばれて死んでも、それはそれで運命だと受け入れてしまうかも。

数年遠ざかってた魚釣りを船舶免許取得で再開して、釣った魚を自分の手で絞めて食べるようになって、食べ物に心から感謝できるようになったという事は以前書いた
感謝ってね、大事だと思いますよ。日々平和に暮らせてる事にも感謝。
でも感謝なんて当たり前の最低限な事だとも思うよ。
感謝してその心とか気持ちとか相手に届く事も大事だけど、感謝してその後にどう動くかの方がもっと大事だと。

その、“どう動けば良いか”がわかれば一生幸せにもなれるかもね。

これが“一生幸せになりたければ釣りをおぼえなさい”の個人的な解釈。

太公望は餌も鈎も付けず(真っ直ぐな鈎という説もあり)に釣りをしてたと言うから、そういうのも関わってるのかもね。

関連エントリー