被写界深度

20101104002010.jpg

写真の勉強をしていくと被写界深度という言葉が出てくる。
更に追及すると許容錯乱円の径が出てくる。
被写界深度は点像がどれくらいボケたらピントが合っているとみなされる範囲外になるかという事。
許容錯乱円の径は、鑑賞サイズがこの大きさなら、点像が○㎜になったら被写界深度外になりますよという基準。
このブログの写真はクリックしたら大きくなるようにしてるけど、小さいとピントが合ってると思う場所でも、クリックして大きくしたらボケてるように見えたりする。
要するに鑑賞サイズが大きいと被写界深度は浅くなるし、小さいと深くなる。
被写界深度のイメージは同じでも、Webで小さい写真を見せるならあまり絞らなくても済むし、A3以上くらいに引き延ばして見せるなら、より絞らなければならない。

関連エントリー
  • 関連エントリーはありません。